ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
中国独裁政権に反対する女性が大胆行動
習近平写真インクをぶちまける
警察に連行され消息が途絶える

習近平の写真にインク

中国共産党の独裁政権に反対する女性自撮りしながらとんでもない行為をしたところ、警察に連行されてしまいその後の消息が途絶えて閉まったという。

7月4日、その女性は独裁政権と横暴さに反対するために習近平の顔にインクをぶちまけるパフォーマンスを行いその様子を動画撮影しSNS投稿上海業務地区た建物の前に立てられた習近平の大きな写真に向かってインクをぶっかけながら「習近平の独裁に反対! 中国共産党は人々を洗脳して制御してる」と発言し挑発した。

習近平写真インクをぶちまける行為と発言の動画を自ら撮影しTwitterに掲載。

中国の最高権者を堂々と顔と名前を明かして非難した女性動画はすぐに注を集め、く間に拡散。この女性にすぐに警察がやってきてのぞきから警察らを撮影し「ドアの外に人が沢山おるわ。私は間違ったことはしていない」とTwitter投稿

ドアの外に警察がいることがわかる写真Twitter投稿し、それが最後にアカウント@feefeefly)そのものが削除されてしまった。中国ネットユーザー女性の身に何か起きたのではないかと心配しており、Twitter投稿された写真映像を元に女性の身元を調べ、現在地を調べようと試みたが結局住んでいる場所や身元まで判明しなかった。

中国では習近平中国共産党を非難する行為を禁止されており、過去ネット習近平をからかったという理由で禁固刑になった人もいるほか、毛沢東の肖像画にで塗りつぶした男性は懲役14ヶの刑を宣告された。

また中国ネットでは習近平の悪口に関連する「プーさん」というキーワード検索もできなくなっている。

公安