本日開された、スティーヴン・スピルバーグ製作揮、俳優クリス・プラット演の映画ジュラシック・ワールド/炎の王国』から、本編映像の一部が解禁。開された映像には、本作で誕生する新種恐竜インドラプトルの姿が描かれている。

【写真】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』フォトギャラリー

 本作は、2015年シリーズ14年ぶりの新作として開された『ジュラシック・ワールド』の続編。前作に引き続きキャストとして、恐竜と心を通わせることができる主人公オーウェンにクリス恐竜テーマパークジュラシック・ワールド」の運営責任者だったクレアブライス・ダラス・ハワードが続投する。監督には『怪物はささやく』でゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜てきされた。

 このたび解禁されたのは、本作の鍵を握る少女メイジーが登場するワンシーン。逃げるように螺旋階段を駆け下りる彼女に続き現れるのはクレア恐竜の救出を依頼したミルズと、『ジュラシック・パーク』(93)で恐竜の遺伝子を組み替え、この世に再生させた本人のウー博士。二人に気づかれないよう、建物のの暗がりへとゆっくりと後ずさるメイジーの背後から、突如鋭いを持った手のようなものがぬっと現れ、メイジーのポニーテールを静かにひとなで。

 慌てて振り返ったメイジーのの前には、本作で誕生する新種恐竜インドラプトルの姿が。大きな口を開き、数の牙をむき出しにして威嚇するインドラプトルに驚いたメイジーは悲鳴をあげながら一散に走り出す。

 前作では“インドナスレックス”という危険な新種(ハイブリット)恐竜が登場したが、本作ではその脅威をはるかぐ、史上最強の新種恐竜インドラプトル”が参戦。製作揮を務めるスピルバーグは「この作品はね、『ジュラシック』シリーズとして、<モンスター>が登場する最初の作品だと言うことができる」とコメント。続けて「インドラプトルは恐竜なのだが、の意味でモンスターだ」とった。

 また、メイジーを演じたイザベラ・サーモンは、「最初、あのシーンの撮影はすごく難しいと思ったの。私は後ろに何かあるなんて知らないことになっているでしょう。でも、すごく怖かった。大きなカギが待ち構えているなんて思うと、知らないフリなんてなかなかできなかった」と撮影を振り返っている。

 映画ジュラシック・ワールド/炎の王国』は開中。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(C)Universal Pictures (C)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.