2014年俳優ジョエル・キナマン演、ジョゼ・パヂーリャ監督でリブートされた『ロボコップ』。再びリブートされることになり、オリジナルシリーズの続編と言える新作『RoboCop Returns(原題)』が制作されるという。映画チャッピー』『第9地区』の監督ニール・ブロムカンプメガホンを取るとDeadlineが報じた。

【写真】2014年リブート版『ロボコップ』フォトギャラリー

 1988年の1作の脚本を執筆したエドワードニューマイヤーとマイケルマイナーが、それぞれ製作製作揮を務めるという。最新作は2人がポール・ヴァーホーヴェン監督の1作の続編用に執筆した脚本がベースになるが、2019年開予定の『ターミネーター』最新作の脚本を手がけたジャスティンローズリライトするとのことだ。元の脚本は結局映画化されず、『ロボコップ2』はフランクミラーとウォロングリーンが脚本を担当した。

 1作犯罪が多発する近未来のデトロイトを舞台に、犯罪一味に惨殺された警官がサイボーグ警官・ロボコップとなって犯罪を取り締まるさまを描いた。今回の作品はその1作ダイレクトに繫がる続編になるという。

 キャストや撮影時期などは不明。続報が待たれるところだ。

1988年の1作目『ロボコップ』に繫がる新『ロボコップ』が制作へ(※1988年版『ロボコップ』の場面写真)(C)AFLO