株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長 江見 朗)は、ライドオンエクスプレスグループ運営する、 宅配寿司銀のさら』およびデリバリー代行サービスファインダイン』の店舗・配送網・注文システム活用し、株式会社大戸屋ホールディングス(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長 窪田 健一)「大戸屋」の商品メニューをデリバリーする業務連携を強化することになりました。昨年9月から両社がトライアル検証として「大戸屋」を、弊社『銀のさら』宅配拠点からデリバリーする取組みを一部店舗にて実施しておりました。各種販促や調理と配達のオペレーション連携が順調に成果を上げることができましたので、今後の本格的な業務提携とエリア拡大について双方の合意に至りました。今後は首都圏をはじめサービスエリアの全拡大をします。


■「大戸屋」のデリバリーサービス首都圏に新たに4店舗を加え、順次全拡大をします!
 8月より首都圏銀のさらの宅配拠点4エリア(荻店・千束店・東尾久店・ふじみ野店)を新たに追加。
銀のさら』の配送網と『ファインダイン』の注文システム活用し、「大戸屋」のデリバリー注文に対応致します。今後は、順次全拡大をしてまいります。
        配送イメージ

■調理のこだわりと、宅配ノウハウを組み合わせ「大戸屋」の美味しく健康的な定食をお届けします!

 お店で調理することにこだわった美味しく健康的な「大戸屋」の定食メニューと、長年培ってきた弊社のデリバリーノウハウである“温度や時間管理”を組み合わせ、お客様に満足いただける商品をお届けいたします。既存のお客様からは「時間通りにきちんと届く」「デリバリーでもお店と変わらずに美味しい」という評価をいただいており、両社が連携強化・協することで、より多くのお客様に「大戸屋」の商品を美味しく召し上がっていただける環境作りをしてまいります。

 デリバリー1番人気野菜黒酢あん弁当

サービス概要
■対店舗:荻店(銀のさらファインダイン併設店)
◆注文方法
 注文サイト大戸屋ごはん処 西荻北口前店: https://www.finedine.jp/DP180706134945010001
大戸屋ごはん処 荻西口店    : https://www.finedine.jp/DP180706140230010001
電話注文:03-5356-6510
OPEN日:8月1日 11:00~ ご注文受付開始

■対店舗:千束店(銀のさらファインダイン併設店)
◆注文方法
 注文サイト大戸屋ごはん処 ポンポルタ千住店: https://www.finedine.jp/DP180706135826010001
 電話注文:03-5808-7371
 OPEN日:8月1日 11:00~ ご注文受付開始

■対店舗:東尾久店(銀のさらファインダイン併設店)
◆注文方法
 注文サイト大戸屋ごはん処 田端アスカタワー店: https://www.finedine.jp/DP180706134510010001
 電話注文 :03-6807-6630
 OPEN日  :8月1日 11:00~ ご注文受付開始

■対店舗:ふじみ野店(銀のさらファインダイン併設店)
◆注文方法
 注文サイト大戸屋ごはん処 上福岡店: https://www.finedine.jp/DP180706135323010001
 電話注文:049-293-7656
 OPEN日:8月20日 11:00~ ご注文受付開始

※先行導入店舗(高円寺店・平和店・両店・駒沢店・品川戸越店・大井町店・立川店)でもご注文を受付けております。

株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス概要
株式会社ライドオンエクスプレスホールディングス東京に本社を置くフードデリバリー企業です。(東京券取引所市場第一部)ライドオンエクスプレスグループは、宅配寿司でおなじみの「銀のさら」や、宅配釜飯「釜」、宅配寿司「すし上等!」等の自社デリバリーブランドレストランのデリバリー代行サービスファインダイン」を、総店舗数735店舗で展開しております。
コーポレートサイトhttp://www.rideonexpresshd.co.jp/

株式会社大戸屋ホールディングス概要
株式会社大戸屋ホールディングスJASDAQ2705)は、「庭食の代行業」を基本コンセプトとした定食チェーンです。1958年創業で今年60周年を迎えました。
直営・フランチャイズを含め、定食店「大戸屋ごはん処」を353店舗、海外104店舗を展開しております。お弁当商品についても全て店内で調理し、保存料や合成着色料など余計な添加物を使用せず、からだにやさしい味をご提供しています。
コーポレートサイトhttp://www.ootoya.com


配信元企業株式会社ライドオン・エクスプレス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ