映画『累-かさね-』のメインビジュアル開された。

9月7日から全東宝系で開される同作は松浦だるまの同名漫画原作伝説女優として天才的な演技を持って生まれながら、自らの醜い容姿にコンプレックスを抱いて生きてきた淵累と、恵まれた美貌を持つが、女優として開かずにいる舞台女優の丹沢ニナが、キスをした相手と顔が入れ替わる口に導かれて出会い、反発しながらも互いの的のために、口を借りて入れ替わることを受け入れる、というあらすじだ。演を土屋太鳳芳根京子が務め、「顔が入れ替わる」という設定から、累とニナの2人の人物を土屋と芳根がそれぞれ演じ分ける。

メインビジュアルはチラシの表と裏に印刷された「両A面仕様となっており、本日7月13日から全映画館で掲出。一方は顔を寄せ合う累とニナを「美しいだけで、幸せですか。」「醜いだけで、罪ですか。」といったキャッチコピーが囲っている。もう一方は累とニナが並ぶ同じ構図の2枚の写真が並べられ、キスをして顔を入れ替えるというストーリーを暗示させる仕上がりとなっており、「教えてあげる、劣等感ってやつを。」というコピーが記載されている。

『累-かさね-』メインビジュアル ©2018映画「累」製作委員会 ©松浦だるま/講談社