監督異常情――または私は如何にして心配するのを止めてこの稼業を・する・ようになったか』
(ひぐらしひなつ 著)
7月13日発売








https://www.amazon.co.jp/dp/4862573533

監督は、1日25時サッカーのことを考える。サッカー奴隷になることだ」
これはかつて、レッドスターベオグラードレアルマドリードユーゴスラビア代表を率いた名将、ミリヤン・ミリヤニッチの言葉。
本書にとりあげる監督たちは「サッカー奴隷」どころか、ほとんどマッドサイエンティスト状態。限られた戦環境を言い訳にせず、戦術・分析・采配を駆使して火場に立続ける監督たちの人柄や言葉から、サッカーとは何か? 人生とは何か? が透けて見えてくる1冊。


ラインナップ
田坂和昭――イバラを選ぶ男
片野坂知――あふれ出る男
北野――失敗しない男
高木也――見えないめる男
吉武博文――狭間で生きる男


なお本書刊行を記念して7月16日(祝・)、秋葉原書泉ブックタワーにおいて、著者のひぐらしひなつ氏とサッカーライター西部氏のトークイベントが開催される。https://www.shosen.co.jp/event/77424/



監督異常情――または私は如何にして心配するのを止めてこの稼業を・する・ようになったか」
ひぐらしひなつ 著
ページ数/272ページ
定価 本体1,500円+税
978-4-86257-353-7
発売日/7月13日
https://www.amazon.co.jp/dp/4862573533

著者・ひぐらしひな
大分県中津出身。サッカーライター。育成年代からトップまで幅広く取材。
大分トリニータオフシャルメディアに執筆、サッカー専門新聞「EL GOLAZO」大分担当。著書『大分から世界へ~大分トリニータ・ユースの挑戦』『サッカーで一番大切な「あたりまえ」のこと――弱くても勝つ!大分高校サッカー部』など。

配信元企業株式会社 内外出版社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ