養命酒製造は7月13日、話し掛けるといささか強引に養命酒にからめて返答するスマートスピーカー「AI養命酒」を発表した。抽選で10人にプレゼントする。

【その他の画像】

 中身はGoogleアシスタントを搭載したソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」。養命酒の瓶を再現したカバーを取り付けているため「まるで養命酒と会話している気持ちに浸ることができる」(同社)。

 「OK養命酒」と話し掛けると「お呼びですか?」と反応。「なんだかだるい」といえば「養命酒をお試しください。疲れた胃腸や体に生薬がじわっと効きますよ」など、なにかと養命酒を勧めてくる。公式動画では「養命酒以外におすすめある?」と尋ねると「すみません。思いつくはずがありません」

 また、普通のスマートスピーカーなら答えてくれる天気や道に関する質問になぜか答えてくれなかったり、かと思えば「うんこ」などいたずらのような呼び掛けに「便秘を治すには、生活のリズムを整え、規則正しい食生活を送ることが大切です。朝食は特に(以下略)」と長文で真面目に返答したりすることもある。

 キャンペーンではAI養命酒の他に、話し掛けた内容をオウム返しするロボット「AI養命酒 初号機」も抽選で40人にプレゼント。初号機はAI 養命酒の開発途中で生まれた瓶形ロボットで、話し掛けると「震えながらフェアリーボイスで返答する」(養命酒製造)という。

 キャンペーンの特設サイトではAI養命酒や初号機の開発秘話も公開している。また、AI養命酒の機能は8月上旬にGoogleアシスタントで利用できるアプリとして公開予定。

 AI養命酒の応募期間は7月13日から9月30日。応募は特設サイトのフォームから受け付ける。

「AI養命酒」