アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)の高松瞳が、同グループのプロデューサーを務める指原莉乃からの手紙で涙を流した。

 7月11日放送の映像配信プラットフォーム「FRESH LIVE」のバラエティ番組「=LOVEの『きっと君だ!』」で、日比谷野外音楽堂で行われたイコラブの握手会とミニライブの模様が公開された。32度の暑さの中、イコラブは新衣装で10曲を披露。ミニライブ終了後、ステージ上の高松瞳に、指原プロデューサーからの手紙が届けられた。


 その手紙には、10月17日に4thシングルの発売が決定したことと、イコラブとイコラブファンへの激励の言葉が書き連ねられていた。


「ゆっくりですが着実に、日本一への道を進んでいることがとっても嬉しいです。テレビに出たりすることは少ないけど、メンバーがテレビに出ると、メンバー、ファン総出で喜ぶ姿をみると、いいグループになって、いいファンがついたなあと、心の底から思います。これからもイコールラブの応援をよろしくお願いします」


 メンバーへの思いが詰まった指原の言葉に、はじめは笑顔で読み進めていた高松だったが、感極まったのか突如涙を流し言葉に詰まってしまった。他のメンバーやファンからの声援を受けた高松は、すぐに立て直し、なんとか手紙を読み終えた。


 改めて映像でこのことを振り返った高松は、「目の前に指原さんが観に来てくださっていて、(その場に)いたんですよ。だから余計緊張したし、すっごいドキドキしていました。うれしかった」と明かし、指原への感謝を口にしていた。

※高松瞳の高は、はしごたかが正式表記

(C)=LOVE公式チャンネル ※画像はFRESH LIVEから

▶=LOVE公式チャンネルはこちらから


▶指原莉乃プロデューサーレギュラー出演 指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙