女優で歌手の知英が現地時間13日、韓国で行われた「プチョン国際ファンタスティック映画祭」のレッドカーペットに登場。大人っぽい黒いドレスをまとい、現地の報道陣・観客2000人を魅了した。

【全身ショット】お色気ドレスで美脚を披露した知英

 知英は日米合作の主演映画『殺る女』(10月27日公開)を引っさげ、大胆な背中と美しい脚のラインが透けて見えるセクシーなドレス姿で、かつて活動していた韓国に女優として凱旋。かつてのあどけない少女から美しく成長した姿に、韓国のファンから歓声が起こった。

 知英は「故郷の韓国の大きい映画祭に参加できて光栄です。レットカーペット歩くときにみんなから『ジヨンこっち見て!』『後ろ振り向いて!』と声掛けてもらって、ありがたかったです」と感慨ひとしお。4月の沖縄国際映画祭でレッドカーペットを歩いた時はあいにくの雨模様だったが、今回は天候にも恵まれ『久々韓国に来てファンの皆さんに会えたことが何よりうれしいです』と喜びの笑顔を見せた。

 今年2月公開の『レオン』では竹中直人と“心と体”が入れ替わるOL、あす14日公開の『私の人生なのに』ではオリンピック候補選手として将来を期待されながらも、脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう主人公を熱演。そして『殺る女』では復讐のために殺し屋になった女性を演じた。グローバルを視野に入れた女優として、まさにいま飛躍の時を迎えている。
プチョン映画祭に参加した知英