佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星がカルテット主演を務めた映画『虹色デイズ』(公開中)のメイキング映像が公開された。映像では、4人の真剣な撮影風景の様子や仲良しぶりを見ることができる。

 いつも行動を共にしている仲よし男子高校生の恋と友情を描く本作。主演の4人は今回、撮影開始の4か月以上前からリハーサルを行うなど、徹底した役づくりに励んだという。公開されたメイキング映像でも、4人が真剣な面持ちで演技に挑む撮影風景を見ることができる。先日の完成披露の舞台あいさつで「撮影期間そのものが青春だった」と振り返ったように、撮影の合間に仲良く談笑する4人の姿も収められている。

 映像は、チャラくて女好きなまっつん(中川)がクラスメートの女子たちと戯れる場面からスタート。続いて、滝藤賢一ふんする強面の田渕先生がまっつんに制服の乱れを指導する場面など、監督の飯塚健による的確な演技指導のもと、男子高校生の日常が再現されていく。また、杏奈(吉川愛)に対して煮え切らない態度のなっちゃん(佐野)にまっつんが喧嘩をふっかけ、友情に亀裂が入るシーンでは、4人が体当たりの演技を見せている。

 「別冊マーガレット」(集英社)に連載され、累計発行部数300万部を突破した水野美波の大人気コミックを原作とする本作。ほかにも、恒松祐里、堀田真由、坂東希、山田裕貴らが出演し、男子高校生の青春を彩る。(編集部・大内啓輔)

真剣! - (C) 2018「虹色デイズ」製作委員会 (C) 水野美波/集英社