株式会社ビーロット6月27日()、東京都港区に店舗・事務所ビルを工致しました。
株式会社ビーロット(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮内  東一部:3452)は、東京都港区にてオフィスビルの開発プロジェクトを進めて参りました。この度、事に「虎ノ門SE」として建物工を迎えましたのでお知らせ致します。

1.事業決定に至る背景
東京都港区の西新・虎ノ門エリアは、周辺に多くの大手都市銀行機関が居を構え、際的なビジネス交流拠点として更なる発展が期待され注度が一層高まっているオフィスエリアです。
虎ノ門SEはJR各線「新橋駅」徒歩7分、東京メトロ銀座線「虎ノ門」徒歩6分、都営三田線「内幸町」徒歩4分と複数路線が利用可であり、交通利便性が非常に優れた立地にあります。

国土交通省表資料によると、東京都心5区において室率が低下し募集賃料が上昇するなど、賃貸オフィスビル市場の堅調さが明らかとなっております。都市開発の一環として東京を中心としたオフィスビルの供給量は増加傾向にあり、オフィス市場の需給環境が活況であるため、不動産投資商品としての希少性も非常に高いと判断し、事業決定に至りました。

2.「虎ノ門SE」概要
施設名:虎ノ門SE
所在地:東京都港区西新1-19-8 (住居表示)
アクセスJR各線「新徒歩7分、東京メトロ銀座線「虎ノ門」徒歩6分、都営三田線「内幸町」徒歩4分
工:2018年6月27日
構造:店舗・事務所 / 筋コンクリート造陸屋根地下1階付8階建
戸数:全9戸 (店舗3戸、事務所6戸)
敷地面積67.06メートル
延床面積408.88メートル
事業株式会社ビーロット (https://www.b-lot.co.jp)

烏森通り沿い、ガラス張りでスタイリッシュなデザイン
スケルトン天井で広さと開放感を演出
1フロア1室の希少区画

配信元企業株式会社ビーロット

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ