文・取材:レゲー秋山

 1980~1990年代を中心とした、アーケードゲーム家庭用ゲーム機での復刻が相次いでいる。週刊ファミ通の連載記事“たちの懐ゲーレトロゲーマー座談会~”でも、こうしたアーカイブタイトルがしばしば取り上げられるが、この機会に、温故知新の精オリジナル版にも触れてみよう! ということで今回、北関東レトロアーケードゲームを扱うユニークゲームセンターがあると聞き、訪れてみた。

 そのゲーセンは、埼玉県深谷市にある“ビデオゲームミュージアム ロボット”。さっそく、店内にズラリと並ぶゲームを見ていくと……『ぺったんピュー』(サン電子)だの『三輪サンちゃん』(セガ(当時))だの、タイトルだけは聞いたことがあるけれど、実機では初めておにかかる作品が続出! 何これチョー楽しいんですけど!! デモ画面を見て回るだけでもテンション爆上がりだし、キリもない。さっそく、同店を束ねる山崎孝氏にお話をうかがった。

 「アーケードゲームの基を多数保有する高井商会様とのコラボで、店内に“高井コーナー”を設けているほか、3000タイトル以上のリストの中からお客様にリクエストを募り、毎4~5タイトルを入れ換えています」(山崎氏)

 このロボットではゲーム大会のほか、レトロゲームを中心としたライブ配信(おもに週末)も実施しているという。ここまでであれば、同じような取り組みを行っているゲーセンもあると思うが、ロボットではさらに、基を店舗に持ち込んでの通電確認や稼動、そして個人が催するゲーム大会やイベントの実施にも対応しているのだ(いずれも有料)。

 「基の持ち込みは、配信などを希望されるプレイヤーさんのほか、基の故障リスク回避のために稼動させて動作確認したい、というに応えてのものです。お客様が催される大会は、対戦格闘ゲームを中心に毎開催されていますが、私どもはゲームレンタルを始め、配信や実況などの環境を準備しています」(山崎氏)

 大会実施の費用はさほど高額ではないし、店側のサポートもかなり手厚い。そこまでするのはなぜなのか?

 「やっぱり、テレビゲームで盛り上がっている様子って、見ているだけでも楽しいですし、どうせなら、その盛り上がりの手助けをしたいじゃないですか。私どもは、そのための場を提供しているだけですから……」(山崎氏)

 男気! “言うは易く行うは難し”で、ビジネスである以上、簡単に続けられる類のものでもない。それでも、プレイヤーを最優先で考える姿勢には頭が下がる……。

 そんなビデオゲームミュージアム ロボットは、ちょっと遠出しても行ってみる価値ありだし、内輪で集まって小規模なゲーム大会を開くのもおもしろそう。ぜひロボットで、レトロゲームを存分に堪してほしい!


【画像11点】「『ドルアーガの塔』『グラディウス』の“現物”を遊びに行く! 埼玉県深谷のゲームセンター“ビデオゲームミュージアム ロボット”探訪」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

【店舗案内】
ビデオゲームミュージアム ロボット 深谷





Twitterアカウント@VGM_Robot https://twitter.com/vgm_robot

所在地:〒366-0052 埼玉県深谷市町西4丁12-1
電話:048-573-3951
営業時間:10時~24時(年中休)

ライブ配信や稼動中のゲーム情報などはTwitterチェック。記事中で触れている、ゲーム大会などの実施や基関連の稼動について、それにともなう費用などの各種問い合わせも、口となるTwitterアカウントへ。店舗には駐車場あり。最寄りJR高崎線深谷駅だが、から店舗まではそこそこの距離がある。深谷駅南口からアリオ深谷すのがオススメ。