政府は13日、セクハラ問題で辞任した福田淳一前事務次官(58)の後任に、岡本薫明主計局長(57)を昇格させる方針を固めた。月内にも閣議で了承し、発令する見通し。

 財務省では福田氏が4月に辞任し、次官が空席という異常事態に陥っている。岡本氏は、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざんが行われた当時、国会対応や文書管理の責任者の官房長だった。このため、財務省は岡本氏を留任とし、改ざんに関わっていない星野次彦主税局長(58)を次官に起用する方向で首相官邸との調整に入っていた。 

〔写真説明〕岡本薫明 財務省・主計局長

岡本薫 財務省・主計局長