総重量は750g! 迫力の「大豚丼」

 今日が食べたい! と思ったら直行したいお店が、御茶ノ水駅からすぐの場所にあります。その名も『豚野郎』。名前のインパクトも強ですが、もっとスゴイのが丼からはみ出す豚丼ビジュアル。こちらは、炭火で香ばしくったボリュームたっぷりの豚丼が食べられると男性に人気のお店なのです。

 店内はカウンターのみの10席、入口で食券を購入するシステムで、客層は男性9割の“The 男飯”です。何がすごいかって、丼からはみ出す豚肉のボリューム! その見たは思わず写真を撮りたくなるインパクトです。見たもさることながら、秘伝の甘辛いタレを絡めていただく豚丼は、味も期待を裏切ることはありません。香ばしく焼かれたバラに、夢中で食らいつきたくなる…そんな丼なんです。

 オーダーしてからカウンター席のの前で焼かれる豚肉均6mmの厚めのバラを使用しています。炭火で一枚一枚じっくり焼かれ、秘伝のタレを塗り込み2度焼き。豚肉の余分な脂を落とし、こんがりと焼きをつけていきます。待っている間に鼻孔をくすぐる炭火焼きの香ばしい香りがたまりません。

「大豚丼」900円
「大豚丼900円

 今回オーダーしたのは「大豚丼」。豚肉250g、ごはんは500gの総重量750gを誇り、がっつり食べたい時に満足できる重量感です。厚くて大きいバラが15枚以上載っており、丼からはみ出る! その豚肉の味付けは醤油砂糖の甘辛いこだわりの秘伝タレ。たっぷりと染み込んだこの秘伝のタレが、これがまたおいしいんです。ご飯との相性も抜群で、いくらでも入ります。

とろ〜り食感の温玉で豚丼で旨さアップ!

 甘辛い豚肉をさらに美味しく食べるには、半熟のとろり感がたまらない「温玉」(100円)をのせていただくのがおすすめです。香ばしく焼かれたバラと濃厚なが相まって旨さマックスです。

味変でお茶漬け!? 2つの味が楽しめる夜間限定の豚丼

 半分まで食べたら、ぜひ試してほしいのが「炭焼茶漬けセット」(200円)。こちらは18時からの間限定メニュー。熱々のあご出汁をかけてお茶漬けにしていただきます。さっぱりとした味わいはまるで今まで食べていた豚丼とはまるで別モノで、2度美味しく楽しめます。

 サラサラとかきこむように食べられる「炭焼茶漬け」。海苔や西洋ワサビネギ薬味を効かせていただきます。ボリュームがすごい炭火豚丼を食べきれるか不安でしたが、最後の最後までお茶漬け効果でサラサラ食できました。

・・・・・・・

 今回ご紹介した「大豚丼」以外にも、豚丼は「小豚丼」(150g200g/500円)、「中豚丼」(200g400g/700円)もあります。その日のおき具合でサイズを選べるのも嬉しいですね。ちなみに、店のいちばん人気は中豚丼だとか。「中」とはいえ総重量は堂々600gです。の前で火を上げながら快に焼かれるので、待ち時間も楽しめますよ。

SHOP INFO

炭火焼豚丼 豚野郎 外観

店名:炭火豚丼 豚野郎

住:東京都千代田区神田駿河台2-6-15 3F
TEL:03-3219-9322
営:11:00~23:00 (LO22:30
休:日曜
http://kurae-butayarou.com

著者プロフィール

矢巻美穂

内、海外旅行雑誌を中心に活動するカメラマン。趣味温泉めぐりと食べ歩き。座右の銘は「美味しいものは産地で食べるに限る」。旬の美味しいものをその産地で食べることに興味々。著書に「トレッキングポップ歩き ネパールへ」「とっておき! 南台湾事情故事」がある。

食楽web