009822.jpg

2018年7月12日(木)、東京TOKYO DOME CITY HALLにてミュージカルテニスの王子様3rdシーズン大会 青学(せいがく)vs氷帝が開幕した。初日前にはゲネプロと囲み会見が行われ、越前リョーマ役の阿久津手塚国光役の青木 瞭、跡部景吾役の三浦規、木手永四郎役の武藤賢人が登壇。見どころや意気込みをった。

会見で、阿久津は、「青学(せいがく)は、以外のキャストが一新しました。常に上をしてがんばっていきたいですし、やっていて本当に楽しいなって思えます」と前向きにコメント。新たなバトンを引き継いだ青木も「合宿や稽古を経て、今、ようやくここまで辿り着けました。演を重ねるごとに必ずパワーアップして、また凱旋で戻ってきたいと思います」と気合十分。

三浦は「1年ぶりに氷帝9人全員で帰ってくることができて本当に嬉しいです。たち氷帝は、青学8代から9代、現青学(せいがく)へと繋がれていくバトンを見てきましたが、また新たな青学(せいがく)とともに戦えることが楽しみで、ワクワクした気持ちです」と喜びをる。武藤は「比嘉中にとって初めてのゲスト校ですが、むしろこれからがスタートだと思っているので、青学(せいがく)と氷帝に負けないように熱量を持ってやりたいです。観に来てくださったお客様に笑顔で帰っていただけるよう、がんばります」と挨拶した。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝舞台写真_3

見どころについて問われると、阿久津は「、全氷帝戦の全試合が好きなんですよ」と教えてくれた。「全部のキャラクターに個性やストーリーがあって、どれもいい試合なんですけど、やっぱり(自身が演じる)シングルス1かな。30分以上も試合を繰り広げますが、毎回自分の限界を越えようって思いながら稽古をしてきて。でも、衣装を着てメイクをして実際にコートに立ってみると、疲れよりも楽しさが大きくて、それだけリョーマに入り込めてるのかなって思います。もっとコートを全で駆け回り・・・コートをはみ出るくらい全で走りますので、ぜひの“キツい顔”を見に来てください(笑)」と笑顔を見せた。

青木は「シングルス2の手塚vs樺地戦がおすすめです」と答え、「左腕でしっかりラケットを振れるようになり、青学(せいがく)メンバー背中るという手塚の強さをどれだけ仲間に見せられるのか。そして、樺地の強さも見られる試合をどのように表現するか、見ていただきたいです」と、おすすめの理由を明かした。

三浦は「全部の試合が繋がっているんです。負けたら終わりだから試合が進むごとに気持ちも入ってくるし、毎回ベンチから見ているだけも手に汗握るので、そうしてラリーが繋がっていくところが見どころです」とり、武藤は「(自分たちを)破った青学(せいがく)を見にいく心にこだわって演じようと、比嘉の皆で話しました。まだ燃えきれていない比嘉がいます」と、チームメイトの想いも代弁した。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝舞台写真_4


会見の最後、青木は「氷帝比嘉たちにいろんなことを教えてくださったので、そのをすべて発揮して頑ります」、三浦は「平成最後の夏、このテニミュを見て深く心に刻んでいただけたらいいなと思います」とそれぞれメッセージを送り、武藤は「時におもしろく、時に真剣比嘉がいますので、そこにも注してみてください」とアピール

座長の阿久津は、「たち青学(せいがく)12人で氷を溶かして、暑いを皆様にお届けします。キャスト一同、テニスげている青春もお届けしますので・・・もう、全演きてください(笑)!」と熱い気持ちをぶつけ、会見を締めくくった。

前回、比嘉中に勝利した青学(せいがく)は、全大会準々決勝へとコマを進めた。そこで対峙するのは、因縁の関係である氷帝学園。関東大会で青学(せいがく)に敗北し、一度はトーナメントから敗退した氷帝だが、全大会開催地として舞い戻ってきたのだ。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝舞台写真_2

よりパワーアップした氷帝と再び対戦する青学(せいがく)は、越前役の阿久津を除く11名が初お見え。尾聡史役の加藤勝郎役の中三水野カツオ役の奥田によるフレッシュな一年トリオの登場に続いて、青学(せいがく)レギュラー全員うと、皆が生き生きとした表情での前のことに全投球。すでに高められたチームワークを武器に、熱の試合を繰り広げていく。

シングルス3は、くるくると変わる表情が印的な桃城 武(大久保 )と、クールな佇まいに熱さを秘めた忍足侑士(井阪郁)が対峙。ダブルス2では、絶妙な“先輩後輩感”は健在ながらも各々のポテンシャルの高さを見せつけた 貞治(ノ内大輔)・海堂 中島拓人)ペアが、ここぞという場面で息ぴったりに動く向日岳人(北颯希)・日吉 若(内海)ペアに挑む。

シングルス2で登場した手塚国光青木 瞭)は、鋭い眼部長の貫を示し、未知なるを秘めた樺地崇弘(八巻紀)との試合に全を注ぐ。ダブルス1では、大石秀一郎江副紀)・菊丸英二田口 )による新生“ゴールデンペア”が誕生し、根性と気合をもって清々しく戦う宍戸 小早川俊輔)・太郎渡辺アオト)ペアとともにエネルギッシュなステージを見せた。

そしてシングルス1では、越前リョーマ阿久津)と跡部景吾三浦規)が一騎打ち。静かな情熱をむき出しにしながら食らいつく越前の姿が、これまでの青学(せいがく)の想いをしっかりと背負った阿久津自身とも重なるようで、次はどんな表情を見せてくれるのかとが離せない。跡部を演じる三浦もまた、どんな時でも弱みを見せない絶対的カリスマであることを見せつけ、関東大会から時を経てよりいっそう強く安定した歌にも驚かされた。

演では11曲の新曲を披露。やさしい眼差しで試合を見守る不二周助(皆木一舞)の見せ場も楽しみのひとつで、河村 岩田)の魂のこもった応援も観る者の心を打つ。氷帝芥川慈郎田村)と 萩之介(山崎)も試合シーンこそないものの、それぞれのキャラクターを最大限に活かせる場面で和ませてくれる。

また、木手永四郎武藤賢人)を筆頭に、甲斐裕次郎吉澤 )、古場 岩城直弥)、知念 寛(太)、田仁志 高田 )、不知火知弥(園村将)、新垣浩一(松井己)ら比嘉中の面々も応援に駆けつけ、時におもしろく、時に摯なパフォーマンスで約2時間40分の演を盛り上げた。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝舞台写真_5

ミュージカルテニスの王子様3rdシーズン大会 青学(せいがく)VS氷帝は、7月22日(日)までTOKYO DOME CITY HALLにて上演。その後、大阪福岡岐阜宮城東京凱旋演を行う。日程の詳細は以下の通り。

東京演】7月12日(木)~7月22日(日) TOKYO DOME CITY HALL
大阪演】8月1日)~8月12日(日) 大阪メルパルクホール
福岡演】8月18日(土)・8月19日(日) アルニーサン北九州ソレイユホール
岐阜演】9月1日(土)・9月2日(日) バロー文化ホール多治見市文化会館)大ホール
宮城演】9月8日(土)・9月9日(日) 多賀市民会館 大ホール
東京凱旋演】9月20日(木)~24日(・休) TOKYO DOME CITY HALL

※田仁志 の「」は旧漢字
山崎の「崎」は、「大」の部分が「立」が正式表記

(C)許 剛/集英社NAS新テニスの王子様プロジェクト
(C)許 剛/集英社テニミュ製作委員会

(取材・文・撮影/堀江有希)

009822.jpg