SNSで流行中のドッキリに挑戦の動画開も…「これじゃないわ」

 女子テニス世界ランク18位・大坂なおみ日清食品)がインスタグラム更新。自身のに“ドッキリ”をしかけたが敢えなく失敗し、悔しがる姿を動画開すると、飾らない自然体な姿に対し、海外ファンは「面すぎる!」「また大会に行ったと思われたのさ」「も君が変わってることを知ってるから」とユーモアあふれるツッコミが入っている。

 大坂は12日にインスタグラム更新。掲載したのは1本の動画だった。

 タンクトップショートパンツとラフな装いで部屋のドアの出入り口に立った大坂。手には大きない布を持ち、カメラの手前に座っている見つめている。そして、布を持った両手を掲げ、すっぽりと自分の姿を隠した。その動作を2回ゆっくりと繰り返す。何事かともじーっと視線を送っている。

 再び両手を挙げて見えなくした次の間、布を落とすのと合わせ、ひょいっと身をの陰に隠し、いなくなった。飼いの“隠し”には驚くのか、しかし――。全くの反応。床に落ちた布を眺めながら興味を示そうとしない。業を煮やした大坂は陰から姿を現すと布を蹴り、「もう~」と悔しそうな表情を見せていた。

ファンツッコミ「また大会に行ったと思われたのさ」

 投稿では「期待していたリアクションが何だったかはわからないけど、これじゃないわ」と泣き顔の絵文字とともにツイート。「What the Fluff Challenge(ホワット・ザ・フルッフ・チャレンジ)」という海外SNSで流行っている“ドッキリ”で、突然消えた飼いの姿に驚き、慌てふためいて探すというのが“正解”のようだった。

「面すぎる!」
「手厳しい観客だ」
「また大会に行ったと思われたのさ」
わんこも君が(いい意味で)変わってることを知ってるから、予想外も予想の範疇なんだよ」
「もう数秒待つべきだったんだよ、そしたら上手くいくよ!!」
「その気持ちわかるよ」

 返信欄ではファンからな励ましもあり、反を呼んでいた。大会ではパワフルテニスボールを操る大坂だが、ツアー続きで自宅にいる時間の少ないハートを操るのは難しかったのかもしれない。(THE ANSWER編集部)

大坂なおみ【写真:Getty Images】