2018年7月10日、韓国・KBSによると、韓国政府は今年、竹島の生態系復元や認知度向上など64の竹島関連事業に883億ウォン(約88億円)を投入する。
韓国政府は同日、李洛淵(イ・ナギョン)首相主催の独島(竹島の韓国名)持続可能利用委員会を開き、3次独島基本計画に基づいた今年の施行計画を審議、確定した。
最も多い予算が割り当てられた分野は、竹島関連のインフラ事業で、全体の82%に当たる728億ウォンが投入された。ここには2022年の完工を目標に建設されている鬱陵島の空港や周回道路、港の開発事業も含まれている。
その他、竹島の認知度を向上させる事業に66億ウォン、竹島の情報館建設と生態系の復元にそれぞれ63億ウォンと16億ウォンが投入されるという。
これを受け、韓国のネットユーザーからは「独島を日本から守らなければならない。独島に李舜臣(イ・スンシン:文禄・慶長の役で朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされ、韓国で英雄視されている人物)像を建てよう」「独島に湾港施設と大型ヘリポートを建設し、有事の際に備えたレーダーとミサイル基地を造るべき」「独島に宿泊施設を造って外国人向けの観光事業を実施するのもよさそう」「独島を守るための前哨基地を造らないと。鬱陵島に空港がないなんて話にならない。空港を造って戦闘機や戦艦、海上特戦隊を配置しよう」「独島は第2の済州島。少なくとも2000億ウォンは投入すべき」などの意見が寄せられている。
一方、一部では「独島の自然を破壊しないで」「税金の無駄遣い。日本との関係も悪くなる」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

10日、韓国・KBSによると、韓国政府は今年、竹島の生態系復元や認知度向上など64の竹島関連事業に883億ウォンを投入する。写真は韓国のPRサイト。