近年の花火大会は、音楽花火の打ち上げをシンクロさせる「音楽花火」がし流になりつつある。その一方で、音楽を使わない、昔ながらの情ある花火も、のんびりしていてよいものである。

【写真を見る】潮の匂いを感じながら約1500発を堪能できる

今回は、ハナビスト・冴木一氏が選ぶ、音楽を一切使わない、昔ながらの重な花火大会を紹介しよう。

7月21日 宮田園祭煙火大会(長野県)

江戸時代から続く、祭り輿を階段から投げ落とす奇祭宮田園祭」。壊れた輿の破片を屋根の上に置くとご利益があるという言い伝えも。花火大会は同祭のに行われます。

【開催日時2018年7月21日(土) 19:4521:00(打上) 【会場】村民会館東(打ち上げ)、津嶋神社内(仕掛)

7月22日 第66回港まつり花火大会(和歌山県和歌山市)

時代に流されない、昔ながらの打ち上げかたを続けてきた港まつり。近年の呼び物は自爆。半円にこだわった技は観客のの前からの2.5号にはじまり4号へと大きくなります。フィナーレスターマインに点火され、面とと同時にが開きます。

【開催日時】2018年7月22日(日)20:0021:00 【会場】和歌山港中埠頭

8月7日 第46回北海まつり花火大会(北海道利尻)

今年で46回を迎える花火大会は2年に一度開催されています。仕掛け花火など立ったものはありませんが、船上で花火遊覧が楽しめます。

【開催日時】2018年8月7(火) 【会場】港防波

8月7日 第45いむた池納涼花火大会(鹿児島県薩摩川内市)

和風本家でも紹介された藺牟田池の上を這う全長1キロの(ナイアガラ)が面に映りこむ様は花火師一押しのベスト大会。

【開催日時】2018年8月7日(火)19:0021:00(打ち上げは20:00~) 【会場】藺牟田池県立自然公園

8月11日 白樺高原花火大会(長野県佐久)

半円に綺麗に面に開く芯入りの菊花火は贅沢この上ない。を使ったスターマインの音がき渡ります。

【開催日時】2018年8月11日(・祝) 20:0021:00 【会場】女神

8月15日 榛名ふるさと祭り商工祭花火大会(群馬県高崎市)

昔ながらにノンビリ見られる。しかし技は現代のもの。四重芯菊花火を日本で最初に作った業者が今年も最高の五重丸の花火を打ち上げます。

【開催日時】2018年8月15日() 19:3021:00 【会場】公園

8月15日 第39高田屋嘉兵衛まつり花火大会(兵庫県洲本市)

BGMアナウンスも一切使用しない昔ながらの花火大会です。また古い建築物も多く明治時代の花火を彷彿させます。

【開催日時】2018年8月15日()20:3021:00 【会場】都志港湾

8月16日 新町ふるさと祭り花火大会(群馬県高崎市)

花火の原点である籠流しと一緒になった、情ある花火大会です。モノクロームは、この大会で育ち完成した花火師の想い出の大会。

【開催日時】】2018年8月16日(木) 19:4521:00 【会場】新町グラウンド

8月17日 第51小坂公園納涼花火大会(長野県塩尻市)

静かな真っ白な炎が降り注ぎ、後ろではカラフルスターマインが飛び散る。水中スターマインの音に連発音に合わせるように、にいつまでも天の川とのコラボ幻想的です。

【開催日時】2018年8月17日() 19:4520:50 【会場】小坂公園

8月21日 江ノ島マイアミビーチ納涼花火大会(神奈川県藤沢市)

江ノ島の片瀬で開催される花火大会藤沢市とマイアミビーチ姉妹都市日本一有名な浴場です。夕日が沈む砂に寝転んで最高の菊花火を堪しよう。

【開催日時】2018年8月21日(火) 19:0019:20 【会場】片瀬西東京ウォーカー(全版)・ウォーカープラス編集部)

幅約1キロメートルの大ナイアガラが水面に映る