マウリツィオ・サッリ氏の新指揮官就任が秒読み段階に入っているチェルシーが、今の移籍市場における補強に本格着手するようだ。イギリスメディアスカイスポーツ』が12日に報じている。

 同メディアによると、チェルシーアントニオ・コンテ監督の退任が決定的となり、2017-18シーズンまでナポリ揮を執っていたサッリ氏が就任する見通しとなっている。近日中にも正式発表を迎える模様で、新体制で2018-19シーズンへの準備を進めていくこととなる。

 そして同メディアは、チェルシーが今の移籍市場で獲得を狙っている3選手を列挙。一時はマンチェスター・C加入が決定的とみられていたナポリイタリア代表MFジョルジーニョをはじめ、2018 FIFAワールドカップ ロシアで大活躍を見せたCSKAモスクワロシア代表MFアレクサンドル・ゴロヴィン、そしてユヴェントスイタリア代表DFダニエレ・ルガーニの名が挙げられている。

 以前から報じられているように、ジョルジーニョはマンチェスター・Cも獲得を狙っており、ゴロヴィンはロシアW杯開幕前からユヴェントス移籍の可性を伝えられていた。争奪戦は避けられないとみられるが、チェルシーは交渉をまとめることができるだろうか。

 またルガーニについては、先13日付のイタリアメディアSportitalia』がチェルシー移籍の可性を伝えた。同選手はエンポリ所属時にサッリ監督導を受け、中心選手として活躍。指揮官を高く評価しており、新地獲得を望んでいるようだ。

 果たしてチェルシーは新シーズンに向けてどのようなラインナップをえることとなるだろうか。

チェルシーの補強候補と報じられたジョルジーニョ、ルガーニ、ゴロヴィン(左から) [写真]=Getty Images