イオンクレジットサービスは7月12日、「ミニストップ」の一部店舗において、富士通の生体認証技術である手のひら静脈認証を活用したカードレス決済の実証実験を2018年9月から開始することを発表した。この取り組みは、実小売店舗における手のひら静脈認証を使ったカードレス決済の国内初事例となるという。

同社では、体の一部で本人を特定することができる生体認証技術の中で、認証精度が高く、かつ非接触で衛生的な富士通の手のひら静脈認証を決済スキームに活用。これにより、クレジットカードやスマートデバイスが不要な「手ぶら」の買い物を実現する。

このサービスでは、事前に手のひらの静脈とイオンカードの情報とを紐付ける登録を行う。レジでの精算では生年月日を入力した後、手のひらをかざすことで事前に登録したイオンカードで決済が可能となる。

手のひら静脈による認証は、手のひらに内在する血管の本数が多く複雑な配置であることから、認証精度が高く、優れた本人特定能力を実現するという。さらに、体内情報のため、外的影響を受けにくく安定して認証が行えるとともに、偽造が困難で安全に利用できるとのこと。

2018年9月よりミニストップの一部店舗において、イオングループ従業員を対象とした実証実験を実施。実証実験の結果を踏まえ、イオングループ各社における利用可能店舗を順次拡大する計画だ。

今回活用する手のひら静脈認証技術は、2004年に銀行ATMでの本人確認に採用されて以来、企業のPCアクセス管理、入退室管理などのセキュリティ用途で広く普及し、今ではカードレス化といった利便性用途にも拡大。現在、世界約60ヶ国で7,000万人以上に利用されている。
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース