デジタルハリウッド大学大学院では、本学メディアライブラリーの催で、本を読むきっかけづくりと、学外への情報発信の一環としてオープンセミナーを定期開催しています。
今回は、本学で「人材開発論」を担当されている藤井講師の著書『働く喜び 未来のかたち』の出版を記念し、セミナーを開催いたします。
 デジタルハリウッド大学および大学院駿河台キャンパス東京都千代田区、学長:杉山知之)では、本学メディアライブラリーの催で、本を読むきっかけづくりと、学外への情報発信の一環としてオープンセミナーを定期開催しています。


 今回は、本学で「人材開発論」を担当されている藤井講師の著書『働く喜び 未来のかたち』の出版を記念し、セミナーを開催いたします。


セミナー概要

時代と共に変化している働き方。現代は多様化しているが、
未来はどうなるのか?
1988年リクルートへ入社以来、人材事業のメディアプロデュースに従事されている藤井講師に、本著を解説いただきます。

【書籍概要

急速な労働人口減少、デジタル変革の加速、企業職業寿命の逆転、…その時、役はになるのか?従業員という概念が消える!?転職年齢の・業界のが消える!?会社を越えて働く!?…「100100色の働く」を実現する三つの「働“く”方変革」とは!?未来のはたらく」を導くリクルートの伝師=エバンジェリスト変する“労働市場”“個人企業の関係”“個人のキャリア行方”を豊富なデータケース読み解く。


【開催概要

■日 時: 2018年7月27日19:4521:0019:30開場)

■会 場:デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス 教室E12-13
千代田区神田駿河台4-6 御ソラティ アカミア3F

■定 員:100

■費 用:無料

催:デジタルハリウッド大学 メディアライブラリ

■お申し込み:下記サイトよりお申し込みください。
https://www.dhw.ac.jp/event/hatarakuyorokobi20180727/

■当イベントに関するお問い合わせ先:
デジタルハリウッド大学 事務局 TEL.03-5297-5787 (:10:00~18:30


【スピーカー

藤井 ふじい かおる)氏

1988年慶応大学工学部卒業後、株式会社リクルートに入社。以来、人と組織、テクノロジーと事業、今と未来の編集に従事。B-ing、TECH B-ing、Digital B-ing(現リクナビNEXT)、Works、Tech総研の編集、商品企画を担当。TECH B-ing編集長、Tech総研編集長、アントレ編集長・ゼネラルネジヤーを歴任。2008年より、リクルート経営コンピタンス研究所エバンジェリスト2014年より、リクルートグループ広報室社内広報誌編集、リクルートワークス研究所を兼任。
経営コンピタンス研究所では、リクルートグループの組織暗黙智の形式智化・表出共有・創発を推進。全社の次世代リーダー向けの最新メディアプロデュース講座の講師(行動心理学タイムベースプロデュースヒューマンビッグデータなど)、新規事業開発のための宿泊研修の講師などを歴任。また、新規事業開発者や経営スタッフなど、職種別のプロフェッショナルに向けた1000人規模のナレッジ共有イベント企画・推進。ワークス研究所では、先端テクノロジーAIVR/AR等)が変える組織の未来や、多中心化・複線化(複業化)する個人の未来キャリアHRMを探グループ広報室では、広報誌『かもめ』を通じ、リクルートの文化醸成(個の尊重)や、Indeedなど新たな競争となるコンピタンスの輸入・編集共有、また社外の賢人インタビューより、「リクルートの死と機会」を提供2016年リクナビNEXT編集長に就任。変わる労働市場、変わる個人と企業の関係、変わる個人のキャリアについて、多方面で発信。
現在リクルート経営コンピタンス研究所エバンジェリストの兼務とともに、デジタルトランスフォーメーション時代のイノベーション、AI人工知能)と労働の未来ダイバーティー・マネジメント、アントレプレナー・パラレルキャリアの生き方などを発信。新聞・雑誌でのインタビュー、寄稿、イベントでの講演多数。著書に「働く喜び 未来のかたち」(言視舎)がある。


【モデレーター】

メディアライブラリ館長 橋本大也教授

ビッグデータ人工知能の技術ベンチャー企業データセクション株式会社の創業者。同社を上場させた後、顧問に就任し、教育者、事業に転進。教育ITの領域でイノベーションを追求している。
著書に「データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人」(SB新書)「情報」(泳社)など。
書評ブログを10年間執筆しており、書評集として「情報考学 Web時代の羅針盤213冊」(主婦と生活社)がある。
多摩大学大学院客員教授
早稲田情報技術研究所取締役

配信元企業デジタルハリウッド株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ