失意の準決勝敗退、サポーターの心情を表す1枚をBBC開「今の気持ちはどう?」

 サッカーワールドカップW杯ロシア大会は11日の準決勝でイングランドクロアチアに延長の末に1-2で惜敗し、52年ぶりの決勝進出を逃した。失意に暮れたサッカー。英公共放送BBC」は民の心情を表現するように、涙を浮かべて抱擁を交わす美女サポーターの1枚の画像を開。「今の気持ちはどう?」と問いかけ、サポーターは「胸がり裂けるようだ」「精根尽き果てる」と失意を分かち合っている。

 イングランド泣いた。信じた52年ぶりのファイナルの舞台には、わずかに届かなかった。サポーターの心情を表現するように「BBC」は公式ツイッターで1枚の画像を掲載した。

 パブリックビューイング会場。朝焼けが差す辺りには、熱狂の跡を示すようにゴミが地面に散乱している。そして、イングランドユニホームをまとい、顔にスパンコールを着けたブロンド女性が大きな瞳をに染めて遠くを見つめ、隣からイングランドの旗を羽織った女性を閉じて抱きつき、呆然としている。

 現実を受け止め切れない様子が如実に伝わってくる1枚。投稿では「イングランドワールドカップは終わりを迎えた。今の気持ちはどう?」とつづり、問いかけている。「ファビュラスだよ、どうも」「胸がり裂けるようだ、でも、顔は上げられるよ」「誇らしいさ」「精魂尽き果てた」と女性に共感するように失意のどん底にある心中をサポーターが次々と吐露していた。

 今大会の前評判は決して高くなかったが、得点ランク首位の6得点をマークしているエースFWハリー・ケインを中心に若いチームセミファイナルまで辿り着いた。しかし、あと一歩届かなかった決勝。サポーターとともに味わった悔しさをベルギーとの3位決定戦にぶつけ、最後に笑顔を届けたいところだ。(THE ANSWER編集部)

クロアチアに延長の末敗れたイングランド【写真:Getty Images】