異形とのを描いたフランスホラーHOSTILEホスティル』(原題:Hostile)が、9月中旬よりシアター・イメージフォーラムほか全順次開されることになった。

 世界映画祭で65部門にノミネートされ、17部門で受賞を果たした『HOSTILEホスティル』は、 クエンティン・タランティーノクリント・イーストウッドリュック・ベッソンら巨匠監督のもとで助監督として経験を積んできた新鋭マチュー・テュリによるホラードラマ爆発的な伝染病によってわずかな人類だけが生き残った地球で、になると狩りを始める未知のクリーチャー生存者が死闘を繰り広げる。

 同時に開された予告編は「この世界が終わればいいと いつも思っていた」という悲壮感漂うヒロインで始まり、クリーチャーの存在から、サババルの裏にある恋愛ドラマを想像させる仕上がりに。ポスターも、キャッチコピーの「これは異形との恐ろしくも 悲しい物語」を徴するような切なさと美しさが融合した印的なビジュアルとなっている。

 主人公ジュリエットを演じるのは、新進気鋭のブリタニー・アッシュワース。クリーチャーを熱演するのは、『MAMA』『死霊館 エンフィールド事件』などに出演し“CGIにしか見えない”ともいわれる痩身“怪優”ハビエル・ボテット。製作揮はスプラッタムービーフロンティア』などのザヴィエ・ジャンが務めている。(編集部・小松未)

恐ろしくも悲しい愛の物語 - (C)French Post Apocalyptic Film