株式会社ミクシィ東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 こうき)のXFLAG™ (エックスフラッグスタジオは、スマホアプリのひっぱりハンティングRPGモンスターストライク」(以下、モンスト)において、TVアニメソードアート・オンライン アリシゼーション」(以下、SAO)とのコラボレーション7月13日)より開始します。
また、本コラボの一環として、人気お笑いコンビNON STYLE井上裕介さんが出演するTVCMモンスト井上キリト」篇を本日より放映を開始するほか、SAOメインヒロインアスナ”が登場するWebCMアスナ24時間CM」をTwitterYouTubeにて配信します。


TVCMでは、NON STYLE井上裕介さんが、SAO主人公キリトに憧れるあまり、その装や言動を真似する高校生モンスト井上キリト”を演じます。原作内でキリトが装備する「二刀流」のデザインを再現した特注「二刀流スマホケース」と、学ランにレザーコートを身に着けた“井上キリト”の、キリト日常を描いた内容になっています。

なお、本TVCMは、7月9日)より実施している「パーティー結成応援キャンペーン」の「マルチエンディングCM投票」と連動しています。モンストキャンペーン公式Twitterアカウント@monst_campaign)に表示される3種類のセリフから、お好きな1つを選んでいただくと、最も得票数の多いセリフコラボ特設サイトおよびモンストキャンペーン公式Twitterアカウントより、WebCMとして流れます。7月13日)からは、WebCMバトル」篇、「勝利」篇の2バージョンへの投票を受け付けます。
WebCM「結成」篇への投票は終了しました。

また、同時に「パーティー結成応援キャンペーン」の一環として「アスナ24時間CM」をTwitterYouTube上のWebCMとして展開します。Twitterではタイムラインを見ている時間帯に合わせて、YouTubeでは見ている動画の種類に応じて、シチュエーションセリフが変化する複数パターンCMを配信。当コラボのために録り下ろされたアスナセリフをお楽しみいただけます。

TVCMモンスト井上キリト」篇 概要
 NON STYLE井上裕介さんが扮する“井上キリト”が二刀流から抜するシーンからCMは始まります。SAO主人公であるキリトのようなポージングをするも違和感のある井上キリトユニークスキル二刀流」さながらにを構えるも、それは特注の「二刀流スマホケース」。最後までキリト違和感たっぷりの井上キリトが恰好をつけて終了。WebCMでは、井上キリトが実際にキリトに話したり、同級生とやり取りしたりする様子が描かれており、SAOファンなら思わずニヤッとしてしまうようなシーンも再現されています。

タイトル   :モンスターストライク×SAOコラボTVCMモンスト井上キリト」篇 15秒
・放映開始   :2018年7月13日)~ 
・放映地域   :全 ※一部地域を除く

井上裕介さんコメント

井上さん自身、アニメ1期・2期、映画外伝も全て見ているほどSAOの大ファンで“井上キリト”を演じるにあたって、「キリト天才的な強さと、人には見せない弱さがある部分は自分ともリンクしていると感じています。年齢の差はありますが、その部分を極感じさせないように、自分のユニークスキルとも言える“ポジティブさ”を最大限発揮させました。」とコメントを頂きました。また、モンストプレーヤーSAOファンに向けて、「今回のCMでは、アニメのさまざまなシーンが再現されています。思わずアニメを見直したくなるような内容になっているので、ぜひ見てみてください。」とメッセージをくださいました。

【撮影エピソード
当日は梅雨も明けて、30℃をのような暑さの中での撮影となりました。屋内とはいえ冷房がほとんど効いていない学校教室の中、学ランの上からレザー製のコートを羽織るという重装備での撮影であったため、井上さんは1日で4枚もTシャツ着替えたそうです。CMの設定が高校生ということで、井上さん以外の出演者は現役の高校生などの10代だけで、ある出演者の母親井上さんの年齢は1歳差だったそうです。井上さんご自身は、年齢差を感じさせないために出演者に積極的に話しかけ、打ち解けた空気作りをされていました。

NON STYLE井上裕介さんプロフィール
1980年3月1日生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
お笑いコンビNONSTYLEツッコミ担当だがまれにボケを担当。また、アーティストとしてDay of the legendソロ歌手活動など幅広く活躍している。

アスナ24時間CM概要
CMTwitterYouTube上で展開するWebCMです。Twitterでは、見ている時間帯に合わせて内容が変わり、YouTubeではその時見ている動画の種類によってシチュエーションセリフが変化します。SAO内の実際のシーンベースにしながらも、アスナセリフは本CMのために全て録り下ろしました。

アスナ24時間CM(一部抜)>
コラボを記念してAbemaTVにてSAO第1期を全話無料独占配信中
コラボを記念して、「AbemaTV」にて7月13日)から8月2日(木)まで「ソードアート・オンライン」の第1期を全話無料独占配信中(https://abema.tv/video/title/25-1nzan-whrxe)。

XFLAG スタジオでは、今後も引き続き、友だちや家族ワイワイ楽しめる"アドレナリン全開"のバトルエンターテインメント提供してまいります。

■「AbemaTV」について
AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナル生放送コンテンツや、ニュース音楽スポーツドラマなど多な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンPCタブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など要なテレビデバイスにも対応しています。その他にも、通信量を半分に削減可な「通信量節約モード」や見逃した番組をいつでも楽しめる「Abemaビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。また、Google Play「ベスト オブ 2017」エンターテイメント部門&ユーザー投票部門 アプリ大賞をタブル受賞、App Store JapanBEST OF 2017 今年のベスト」に選出されたほか、「日経エンタインメント!」2017ヒット番付にて「西の横綱」、『デジタルコンテンツオブ・ジ・イヤー‘17/第23AMDワード』において、年間コンテンツ賞「優秀賞」を受賞いたしました。

モンスターストライク < https://www.monster-strike.com/ >
スマートフォン特性活用した、でも簡単に楽しめる爽快アクションRPGです。自分のモンスターで引っぱって弾き敵のモンスターに当てて倒していくターン制ゲームで、モンスターへの“跳ね返り”や“ぶつかり”を上手く活用することで、クエスト攻略していきます。一緒にいる友だちと最大4人まで同時に遊べる協力プレイマルチプレイ)が特徴です。
2013年10月提供開始より多くのユーザーの皆さまにご利用いただき、2018年3月時点では世界累計利用者数が4,500万人を突破しました。

アプリ概要

ゲーム名:モンスターストライク
カテゴリゲームアクションRPG
プレイ無料(一部有料/アイテム課金あり)



対応機種(OS):
iOSiOS8.0以降
AndroidAndroid4.0.3以降(一部非推奨端末あり)
http://www.monster-strike.com/news/20160223_1.html
利用方法:
・各ストアで「モンスト」を検索
ゲームダウンロードURL
iOShttps://itunes.apple.com/jp/app/id658511662?mt=8
Androidhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.mixi.monsterstrike
Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B01M09D6KY/

ミクシィグループ < mixi.co.jp >
ミクシィグループは、1997年の創業以来、SNSmixi」やスマホアプリモンスターストライク」など、友人や家族といった親しい仲間と一緒に楽しむコミュニケーションサービス提供してきました。
人々の生活がより豊かになる未来を思い描き、ITの側面からコミュニケーションの活性化を促す事業・サービスを推進することで、より良いコミュニケーションの創造に取組んでいます。
XFLAGスタジオ < xflag.com >
エンターテインメント事業のさらなる発展を図るため、2015年8月株式会社ミクシィ内にXFLAGスタジオを設立しました。XFLAG スタジオでは、“ケタハズレな冒険を。”をスローガンとして、「モンスターストライク」や「ファイトリーグ」を提供するほか、“アドレナリン全開”の、ドキドキワクワクするゲーム映像コンテンツ世界に向けて発信していきます。

"ミクシィ"、"mixi"、mixiロゴ、"XFLAG"、XFLAGロゴ、"モンスターストライク"、"モンスト"、"MONSTER STRIKE"、"ファイトリーグ"、"Fight League" は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。


配信元企業株式会社ミクシィ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ