株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役川島純一)は、新宿駅直結、ミライタワー(NEWoMan)隣接の利便性に富んだ場所に位置する築39年の旧耐震オフィスビルをリノベーションし、暮らしを自由にするオフィス「12 SHINJUKU(読み:ジュウニ シンジュク)」として再生、2018年8月20日)にオープンします。
「12 SHINJUKU」は、オフィス内に、リビング、キッチン、イベントスペースなどの住まいの機の一部を導入することで、「暮らすように働く」ことを可にし、新しい暮らし方、生き方を知るきっかけに出会うことができる場所です。

完成イメージ(左上:ラウンジ、左下:リビング、右上:ルーフトップ、右下:ブースオフィス)

WEBサイト

http://12shinjuku.com/

コンセプト

住まいの機の一部をオフィスに持たせることで暮らし方まで変えてしまう。それが「12 SHINJUKU」。キッチンも、シャワーも、趣味間も、オフィスにあれば 住まいは、遠くても、広くなくても、自分らしく暮らせる。

1stPLACE + 2ndPLACE = 12
オフィスを「住に」。暮らしを「自由に」。
これが、新しい時代の働き方です。


「12 SHINJUKU」が考える新しい暮らし方の一例

・生活に必要な設備はオフィスにあるので、自宅は最低限に。趣味お金を投資。
家族も利用できるリビングがあるので、子供と一緒に出勤し、オフィス仕事
・豊かな共用スペースがあるので、ライブラリーを書斎代わりに活用
・自宅は都心ワンルーム、大好きな料理オフィスの大キッチンで。


企画背景

2020年に向けて、都心を中心に大オフィスビルの大量供給が予定されており、移転を希望する企業も増えていくことが見込まれています。一方で、老朽化した中小規模の築古オフィスビルは、テナントの流出が懸念されるなど今後ますます室率の上昇や遊休化が想定され、活用法の検討が急務です。
また、人口減少による労働不足などを背景に、場所や時間に捉われない柔軟な働き方を導入する企業が増え、多数の大企業も自らコワーキングスペース企画運営を開始するなど、ハードソフトの両面で新しい働き方について模索する動きが増えています。オフィスめられる役割は、ただ働く場だけではなくコミュニケーションを誘発し、新たな価値を生み出す場へと変化しています。【参考:トラスト:東京23区の大規模オフィスビル供給量調172017年4月18日)】

プロジェクトでは、事業期間やコストに制限があり、ハード的に用途変更は難しいという状況の中で、バスタ新宿に隣接し地方へのアクセスが良いというメリットを最大限活かしながら、「働く」や「住む」だけにはとどまらない新たな暮らし方のスタイルを提案しています。当社では、横浜みなとみらいの「BUKATSUDO」や、神田シェア複合施設「the C」などにおける“暮らすように働く”ワークラウンジ企画運営経験や、これまでに培ったコミュニティ醸成の企画運営ノウハウを活かし、今後もオフィストックのバリューアップによる再生に積極的に取り組んで参ります。

施設概要

全個室のミドルオフィス(10~25人程度)、シンプルな内装のスモールオフィス(5~12人程度)、機性の高い具やインフラ設備が整った具付きのブースオフィス(2~5人程度)、集中して作業ができるブースデスク(1~2人用)、充実した共用部も利用可フリーデスク(1人用)の5タイプをご用意し、様々な規模の企業や用途に幅広く対応しています。
また、ミーティグルーム、打合せや作業スペースとしてご利用いただけるラウンジリラックスや食事ができる入居者専用のリビングダイニングキッチン、ルートップ、シャワールーム、ブックシェルフなどオフィス設備に加えて「住まい」の機の一部を至るところにご用意しています。従来のオフィス間の概念をえ、新しい働く場・働き方・暮らし方を実現できます。

募集プラン

【ミドルオフィス(4階・5階一部・10~12階)】
契約種類:定期建物賃貸借契約/2年間
・区画数:17区画
面積:約52.91~約108. 95
・賃料: 49万円台~102万円台(予定)※電気調利用料別途
・保:賃料(共益費込)3か相当額
・償却:賃料(共益費込)1か相当額

【スモールオフィス(9階)】
契約種類:施設利用契約/1年間
・区画数:10区画
面積:約11.60~約24.25
・利用料:13万円台~27万円台(予定)  ※電気調利用料別途
・保:利用料(共益費込)1か相当額

【ブースオフィス(6階)】
契約種類:施設利用契約/1年間
・区画数:19区画
面積:約6.22~約14.38
・利用料:11万円台~22万円台(予定)  ※電気調利用料別途
・保:利用料(共益費込)1か相当額

【ブースデスク(7階)】
契約種類:施設利用契約/1年間
・区画数:シングル9席、ダブル4席
・利用料:5.8万円~9万円(予定) 
・保:利用料(共益費込)1か相当額

フリーデスク(7階)】
契約種類:施設利用契約/1年間
・区画数:16席
・利用料:3.1万円(予定) 
・保:利用料(共益費込)1か相当額


物件概要

物件名:12 SHINJUKU(読み:ジュウニ シンジュク)
物件所在地:東京都新宿区西新宿1-1-6
アクセス都営地下鉄京王新線新宿駅」2番出口直結
構造:筋コンクリート造地上12階地下2階
建築1979年1月(築39年)
リノベーション2018年7月工予定
敷地面積415.00125.53坪)
延床面積:4,134.86(1,250.79坪)
用途:事務所・店舗・駐車場


事業関係者

・事業:新線新宿開発合同会社
企画プロデュース、統括設計、運営管理:株式会社リビタ
・基本計画・デザイン監修:SUPPOSE DESIGN OFFICE 株式会社
・設計監理:株式会社南條設計室
リノベーション施工:デザインアーク株式会社
プロパティネジメント:株式会社リアルゲイ
クリエティブ・アートディレクション:POOL inc.
WEBディレクション:タシリンゴ合同会社


今後の計画

2018年9月27日(木)にグランドオープンイベントを開催予定です。その後も、オフィス利用者だけではなく多様な参加者を対としたイベントを定期的に開催予定です。


株式会社リビタについて

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア賃貸住宅や商業施設、共施設の企画運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。

現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は47棟1,482戸、また運営するシェア賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズは、都内近郊に19棟1,229室(2018年3月末時点)。リノベーション分譲事業では、100面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを紹介する「R100 TOKYO」や、戸建てリノベーション「HOWS Renovation」も展開。その他、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区「TABLOID」や東京神田シェア複合施設「the C」、大人の部活がうまれるシェアスペース「BUKATSUDO」など、暮らしの概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクト企画プロデュース運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全で「THE SHARE HOTELS」を展開。第一号店「HATCHi 金沢」に続き、2017年に「LYURO 東京清澄」、「HakoBA 函館」「KUMU 金沢」、2018年に「RAKURO京都」を開業。

名称:株式会社リビタ   
設立:2005年2012年より京王グループ)  
代表取締役社長川島 純一
住所:東京都目黒区三田1‐12‐23MT2ビル
URLwww.rebita.co.jp


配信元企業株式会社リビタ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ