注目を集めるスラッガー・林晃汰、打撃に見える確かな“進化”

 夏の高校野球100回大会の地方大会が全国各地で本格化する中、このスラッガーの一挙一動にも注目が集まる。高校通算は49本を数える智弁和歌山の強打の左打者・林晃汰だ。

 ここまで本塁打数を順調に伸ばし、いよいよ夏への階段を登る段階に来ているが、高嶋仁監督は最近の林について、こんな本音を吐露した。

「打つ方は問題ないんですけれど、最近の練習試合は歩かされることが多くて、まともに勝負してもらえんのですわ。勝負してもろてたら、また状況も変わるんやろうけどね。打たせてもらえんから、本人もストレスが溜まってるんちゃうかなってねえ」

 打ちたくても打てないとなると、高校生では精神的なコントロールができない選手もいる。だが、林はそんな場面に遭遇しても冷静に受け止めている。

「マイナスにばかり考えてしまうと次には生きないと思うんです。フォアボールで歩かされることは悪いことではないし、チームのためにはなると思うので。その結果はきちんと受け止めて、前だけを見ています」

 林と言えば、これまで逆方向に大きな当たりをよく目にしていたが、最近はセンター方向への打球が増えた。

「目標は左中間、右中間なんですけれど、逆方向の意識が強すぎて、溜めすぎてしまうところがあって。それで、レフトポール、左中間、センターの順番に意識するようにしたら、センターへの打球が増えました。今までにはあまりなかったですね」

 万全な状態ではなかった昨夏の甲子園、そして昨秋を思えば、選抜は6試合フル出場できた。だが、打率は2割に届かず悔しい思いをした。準々決勝の創成館戦では逆方向にホームランを放ったが、初戦の富山商戦では好右腕・澤田のフォークに苦しみ、以降も内角を厳しく攻められる打席が目立った。

「Aクラスの投手とたくさん対戦できたことは良かったです。でも、焦りすぎたというか、想定外の攻めをされて余裕がなくなって、結果を求めすぎたというか……。初球から積極的に振れていませんでした。それが一番の反省点です」

大阪桐蔭へのリベンジへ、まずは和歌山大会制覇を「一戦一戦ですね」

 何より選抜決勝、春の近畿大会決勝と2試合、大阪桐蔭の根尾昂と相対した経験は大きな糧になったと思っている。

「根尾君はギアの上げ方がうまくて、塁上から見てもその場面によってボールのキレが全然違うんです。選抜の時の根尾君の球の方が明らかにキレはありましたけれど、ピンチになるほど力を入れて投げられるのはさすがだと思います」

 選抜では無安打だったが、近畿大会では2安打を放った。とはいえ、ここまで大阪桐蔭相手に5連敗。リベンジをするのはこの夏しかない。

「自分たちのペースに持っていこうとしてもなかなか持っていけない。向こうはスキをまったく見せないんです。本当はそこ(スキ)を突いていきたいと思ってもできないんですよね。それが悔しいです。でも、この夏こそはという思いはあります」

 その前に、まずは和歌山を勝ち抜かなくてはならない。林は「まずは一戦一戦ですね。打ちたい打ちたいと思いすぎず、ボールをしっかり見ていきたいです」と言う。

 あと、気になることがひとつ。7月1日の練習試合で林が捕手のマスクをかぶっている姿がインターネットに掲載され、話題を呼んだ。高嶋監督いわく、手薄な捕手というポジションの緊急事態に備えて、捕手経験のある林にマスクを被らせたとのことだが、本人は「緊急の時以外、被ることはないですよ」と苦笑い。だが、どんな姿であっても、ゲームセット時は笑顔でいたいと強く思う。

「(何度も敬遠された)松井秀喜のように耐えても、しっかり打てるバッターになってもらいたいけれどね。あ、でも選抜でホームラン3本以上打てって言うて本人は縮こまってしもうたから、あんまり言わんときますわ」

 高嶋監督は豪快に笑う。燃えたぎる闘志を胸に秘めた背番号5は、最後の夏も持ち前のフルスイングで見る者を虜にする一打を放つつもりだ。(沢井史 / Fumi Sawai)

今春近畿大会で表彰を受ける智弁和歌山・林晃汰(右)【写真:沢井史】