みやぞん

(画像はみやぞん公式Instagramスクリーンショット

しらべぇでも既報のとおり、今年の『24時間テレビ 地球を救う』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンのランナーには、ANZEN漫才みやぞん(33)が抜された。

史上初の「トラアスロン形式」の過酷なレースに挑む彼の最新情報について、13日配信の『FRIDAYデジタル』が報じたところ、報道が出る以前から、懸命に練習に励む様子が各地で撃されていることが判明した。

■ヘルメットが「リーゼント型」

報道によると、みやぞん7月上旬頃、東京六本木中を「リーゼントヘルメット」をかぶり、ロードバイク颯爽と走り抜けて行ったという。

今回のチャリティーマラソントラアスロン形式で行われる予定で、通年の「24時間マラソン」の練習に加え、みやぞんにはスイム(水泳)とバイク自転車)の練習も課されることに。

トレーニングに励むみやぞんの詳細な様子は『FRIDAYデジタル』をお読みいただくとして、の抵抗がいささか心配ではあるが、「リーゼントゴールしたい」とっていた彼の思いが、しっかりとみ取られているようだ。

■各地で「目撃談」相次いでいた

報道を受けて、「リーゼントヘルメット」に驚きのがあがると思いきや、立つヘルメットのせいか、懸命にトレーニングに励むみやぞんの姿は、各地で撃されている。

都内のみならず、いたるところでトレーニングが行われているようだ。撃した人の多くは、やはり「ヘルメットの異様な形」にを奪われてしまったようである。

■「雨の中でも走っていた」との声も

中には、梅雨時ということもあり、が降る中でも懸命に自転車を漕いでいたとの撃談も寄せられている。

リーゼントヘルメット被ってると思ったらみやぞんさんだった! なのに自転車…頑れ〜 !!!

みやぞんさん。今日は大の中、山梨県都留市内を自転車で走ってました?! 何かの収録ですか?

が降る中ロードバイクを漕ぎ、信号待ちをしているみやぞんの様子をカメラで捉え、陰ながら励を送る人も。また、体調面などを心配し、みやぞんツイッターに直接コメントが寄せられるケースも見られる。

■『24時間テレビ』が好きな人は約3割

しらべぇ編集部が全2060代の『24時間テレビ』を見たことがある男女985名を対に『24時間テレビ』について調したところ、「好き」と回答した人は全体で30.4という結果に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

好き嫌いが大きく分かれていることが明らかに。みやぞんのランナー発表時には、「いくらみやぞんとはいえ、内容があまりにも過酷すぎる」との批判も寄せられていた。

前代未聞の過酷なチャレンジゆえ、節々の故障や体調面なども心配される。彼がリーゼントを保ったまま、事に武道館ゴールにたどり着けることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→『イッテQ』長旅でトラブル連発 自身を鼓舞するみやぞんの格言に拍手喝采

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年7月14日2017年7月17日
:全20代60代の『24時間テレビ』を見たことがある人985名(有効回答数)

『24時間テレビ』みやぞんの目撃談が相次ぐ 「雨なのに…」「すげぇ!」と激励