テレビ東京系新ドラマBiz『ラストチャンス 再生請負人』(7月16日スタート 毎週月曜22:00〜)の製作発表会見13日に同局で行われ、仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、町田啓太、勝村政信、水野美紀、長谷川京子が登場した。

同作は小説家・江上剛の『ラストチャンス 再生請負人』を実写ドラマ化。江上は第一勧業(現みずほ)銀行時代、97年の総会屋事件の解決に尽力し、事件を題材にした映画『金融腐蝕列島 呪縛』登場人物のモデルにもなった。4月より"働く"をテーマに始まった、同局の「ドラマBiz」第2弾となる。

主人公の樫村(仲村)を慕う佐伯を演じた和田は「プロデューサーや監督からは、この作品でフレッシュ担当でいてほしいと言われました。私も来年で40歳。古い過去を振り返りながら、フレッシュさを必死に取り戻してまいりました」と苦笑。「この作品でのフレッシュ担当は、町田啓太ではなく和田正人です。和田正人がフレッシュ、フレッシュが和田正人。フレッシュ正人。そのように覚えていただければ幸いです」と頭を下げた。

この話に大谷は、「実は僕の方が和田さんよりも年下で、フレッシュの話になんで入っていなかったんだろう」と疑問を提示。2人の話を受けた町田は「和田さん、大谷さんに続く第3のフレッシュ・町田啓太です」と挨拶した。

町田は「こんな大先輩方のところで僕もやらせていただけて本当に嬉しかったです」と語る。「現場だけじゃなくて、打ち上げの時も周りを気遣ったスピーチで、仲村さんの心の奥から来てる人間力なんだと思って勉強になりましたし、先輩方を見習ってそうなればいいなと思いました」とベテランに囲まれての撮影から学ぶところが多いようだった。

「もし一緒に働くなら誰がいいか?」という質問では、仲村演じる樫村に人気が集まる中、樫村の妻・明子を演じた長谷川は「もちろん樫村さんですけど、あえて言うなら、町田さん」と意外な発言。「後半、外に出る機会があった時に、銀行のセットでお会いしたんですが、初めて見た時にかっこよくて『ひゃっ!!』て言っちゃった。こんなかっこいい人が銀行に勤めてたらすごくないですか?」と絶賛する。町田は「幸せすぎます。恐縮です。僕も(長谷川が)素敵すぎて、全然声かけられなかったので……」と照れた様子を見せていた。

画像提供:マイナビニュース