まるでマンゴーのような食感の
関西地方梅雨明けし、を迎えようとするこの時期、7月から8月にかけて、旬を迎えるの果物の代名詞といえば。他の果物にべて品種数も少ないうえに、1品種の販売期間が1週間程度と短いものの、口当たりが良く、甘く瑞々しいは、の暑さをしのぐ人気の果物です。
そんなの新たな品種として(独)農研機構果研究所で育成されたのが“つきあかり”で、その苗を買い、関西で栽培しているのがの産地で有名な和歌山県紀のです。3年かけて、販売するために交渉してきましたが、流通はしていたものの、出荷量に満たない年が続き、販売を断念。今年やっとの想いで入荷しました。ぜひご賞味いただきたい逸品です。

<品種>つきあかり(まさひめ×あかつきの交配種)
<期間>7月13日()~18日() 
<場所>阪急うめだ本店 地下1階ツリーテラス
<産地>和歌山県 紀ノ
<価格>2玉1,680円(税込)
といえば、もがイメージするのは種が流ですが、この“つきあかり”は、生産量の少ない種で、果皮はきれいな黄色、斜が少しく着色し、果肉黄色質はやや緻密、味は少なく、糖度は均14度となるときもあり、熟すとマンゴーのようなとろりとした食感が特徴です。

配信元企業株式会社阪急阪神百貨店

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ