【元記事をASCII.jpで読む】

 Project Whiteは7月13日、ゲームパソコン「G-GEAR」シリーズで、第8世代インテル Core プロセッサーとGeForce GTX 1050 Tiを採用したゲーミングノートパソコンを発売した。

 BTOによるカスタマイズにも対応し、PCゲームはもちろん動画や写真の加工、編集などといった活動にも使用できるという。

 フラッグシップモデル「G-GEAR N1565J-710/T」はCPUにCore i7-8750Hを採用、メモリーは8GB(DDR4)でストレージは240GB SSD(M.2規格/SATA接続)を搭載し、ファイル読み込み時間の短縮をうたう。チップセットはHM370 Expressを搭載、ディスプレーは15.6インチ フルHD ノングレアIPS液晶を採用している。

 無線LANも標準搭載(IEEE 802.11 ac/a/b/g/n)し、Bluetooth 5.0にも対応。OSはWindows 10 Home(64bit)を搭載し、本体サイズは幅378×奥行き267×高さ26.9mm、重量は2.3kg(本体のみ)。価格は13万4784円から。

 エントリーモデル「G-GEAR N1565J-500/T」はCPUにCore i5-8300Hを搭載、そのほかの構成はG-GEAR N1565J-710/Tと同様。価格は12万3984円から。

12万円台からのGTX 1050 Ti搭載ゲーミングPC