東大発のスタートアップ企業ventus」は、スポーツチームアスリートがファンから資を調達できる電子トレカ売買サービスwhooop!」β版を開した。

【大きい画像を見る】スポーツチームを支援できる電子トレカ売買サービス「whooop!」β版公開


whooop!」は、スポーツチームアスリートがオンライン上でトレーディンカードを発行し、ファンがそれを購入、コレクションできるサービスだ。ファンカードの購入を通してチーム支援ができるだけでなく、カードコレクションによって特別な特典を獲得できる。

β版では、日本初の地域密着プロロードレースチーム宇都宮ブリッツェン」、愛知県名古屋市を拠点とするプロe-sportsチーム名古屋OJA」、沖縄県を拠点とする卓球チーム琉球アスティーダ」が発行する電子トレカの売買、特典の獲得を行うことが可だ。

今後、ユーザー間で売買できるオークション機カードを行使してチームから特典を獲得できるイベント、その他コミュニティを中心に随時実装していく。正式版のリリースは、2018年を予定。参加チームは、2018年の段階で30前後のチームアスリートの参加を予定している。【ほかの画像を見る】スポーツチームを支援できる電子トレカ売買サービス「whooop!」β版公開

スポーツチームを支援できる電子トレカ売買サービス「whooop!」β版公開