中京テレビ制作の「これぞニッポンの恵みと生きる人々~」が、7月16日(・祝)2:55日本テレビ系28ネットで放送される。

【写真を見る】満島真之介は約10年ぶりに鹿児島県・加計呂麻島を訪問

海の日特番として21を迎える今回のテーマは「の恵みと生きる人々」。旅人日本の思い入れのある土地を訪れ、そのと共に生き、を守る人々と出会う。鮮やかに色づく3つのを舞台に、小日向文世、若村麻由美、満之介、百田夏菜子の4人の旅人が各々のゆかりの地を訪れ、豊・澄んだに恵まれた「ニッポンの魅」を再発見する。

俳優小日向文世が訪れたのは、北海道三笠と積丹町、東町。小日向にとって、北海道18歳まで生まれ育った故郷で、「故郷は常に心に残している」とるほど北海道への想いは深い。そんな彼が、故郷の三笠、思い出の・積丹を48年ぶりに訪れ、「の秘密」に迫る。また、澄み切っためて移住者が続出しているという東町にも足を運び、岳の地下をそのまま生活として利用していることに感する。

女優・若村麻由美は、静岡県清水町の田川へ。2002年から毎年、富士山の清掃活動に取り組む若村が、富士の湧きとする田川を訪れ、伏流が織りなす絶景と、それを守る人々に出会う。今回初めて富士山解けが湧として人々の役に立っているところを見ることができたという若村。「の豊かなに生まれたことを幸せに思う。次世代に何を残していけるかを考える良い機会になった。今後もきれいなになるように活動をしていきたい。」と今後の意気込みもった。

約10年ぶりに鹿児島県・加計呂麻を訪れたのは、俳優・満之介。満は、20歳の時に約7カかけて日本一周自転車を敢行し、その中で最も印的だったのが加計呂麻だったという。祖奄美大島出身ということもあり、この地に縁やパワーを感じるという満朝日とともにに入り、の素潜り漁にも挑戦。また、地元の子供たちとの島唄の授業などを通しての伝統に触れ、「自然と共存しているの人たちの生き方を感じることができた。すべてが最高。」とる。

そして、駿河湾を訪れたのは、ももいろクローバーZ百田夏菜子。「静岡に来ると仕事をするというより地元なのでオフモードになってしまう」と話す田は、地元・静岡では初めてというダイビングに挑戦。富士山駿河湾の生態系にどのような影を与えているのか、知られざる魅に迫る。「住んでいるはずなんですけど知らない事ばかりで楽しかったです。」と地元のを満喫した。

4人の旅人は、なぜその地に魅了されてきたのか。番組では、美しく澄んだと共存する人々の暮らしぶりや想いを通して、ニッポンの魅を再発見する。(ザテレビジョン

百田夏菜子は地元・静岡の駿河湾でダイビングに挑戦!