『パニくる!? パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』はある日、突然パニック障害になってしまった漫画家:櫻日和鮎実による、実話コミックエッセイ。パニック障害とはどんなものなのか、どのように快復への道を歩んでいるのか。誰の身にも起こりえるかもしれない事柄が、作者自身の実体験を元にわかりやすく描かれています。また帯には『うつヌケ』の田中圭一氏からの推薦コメントも掲載されています。
『パニくる!?パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』 帯付書影
  • パニック障害になってから快復の道を辿るまでの軌跡が描かれた『パニくる!?』発売!

突然激しい恐怖と不安に襲われてしまうパニック発作が繰り返し起こってしまう精神疾患のひとつ、パニック障害。
『パニくる!? パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』は、そんなパニック障害にある日突然なってしまった漫画家:櫻日和鮎実(さくらかわあゆみ)による、実体験をもとにしたコミックエッセイです。

冒頭は「自分はお気楽な性格だから心の病とは無縁なんだよね~」といった、誰でも一度は思い当たるような軽い調子から始まります。しかしその後、日常生活の中で少しずつ異変が生じ、最終的にはパニック障害であることが発覚。そこからどういった形で現在の人生を歩んでいるかが描かれます。

パニック障害であると発覚する前に櫻日和がおくっていた生活は、別段変わったものではありません。
仕事や遊びをめいっぱい楽しむ毎日――。そんな普通の生活の最中、彼女の身に突如起こった出来事として描かれているので、パニック障害の方にもそうではない方にも、自分にも起こりえるかもしれないと考えながら読み進めることができます。

◆ 何気ない生活を送っている最中、突然著者を襲った「パニック障害」ーー
『パニくる!?パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』より
◆ 当時著者が感じたものに対して、現在の立場からの説明が入れられるので、どういう状況かよりわかりやすく説明されています
『パニくる!?パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』より
『パニくる!?パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』より

なお、本作の帯には推薦コメントも掲載。
自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちのレポートを描いた漫画『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』の田中圭一氏から「パニック障害からの脱出マンガ『パニヌケ』と呼んでもいい内容でした。」と、同じ病気からの脱出を描いた作品として、推薦されています。

親しみやすい絵柄で、パニック障害とはどういうものなのか、どんな症状でどんな状態になってしまうのかということが、わかりやすく描かれた本作。
『パニくる!? パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』は7月13日発売です。
まさか自分がそんなものになるわけないだろう。そう思う人にこそ、一度読んでほしい一作。ぜひ、この本でパニック障害を身近に感じてください。
  • 刊行情報
『パニくる!?パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』 帯付書影


突然、「パニック障害」になってしまった私。焦らず快復の道を歩んでます。

『パニくる!? パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。』

著者:櫻日和鮎実
定価:本体920円+税
発行:株式会社KADOKAWA

7月13日(金) 発売!!

【あらすじ】

ある日、人ごみで心臓がバクバクに!!?
呼吸が乱れ、息苦しい……ヤバイ死んじゃう苦しい…!
突然、パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイマンガ。マンガ家の身におきた、本当にあった大変なお話……。

【試し読みはこちら】  https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF01200197010000_68/
【書誌情報はこちら】 https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000251/
【AMAZONはこちら】  http://amzn.asia/7t98TKv
  • 関連サイト

【月刊コミックフラッパー HP】  https://comic-flapper.com/
【櫻日和鮎実Twitter】  https://twitter.com/ayuneo


配信元企業:株式会社KADOKAWA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ