パナソニック株式会社は、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトは、2018年7月から11月までの約5カ間、当社の社内カンパニーのアプライアンス社で日本国内の電マーケティングを担うコンシューマーマーケティングジャパン本部(所在地:東京)と、マーケティング理論を研究する早稲田大学の恩藏直人教授ゼミの学生が、協働で推進します。具体的には、当社の4つの商品(デジタルカメラ冷蔵庫オーラルケア、ヘアケア)がそれぞれ抱えている若者向けのマーケティングのあり方や、スマート社会められる電のマーケティングのあり方など、リアルなマーケティングの課題について学生がゼミで学んだことや実際のフィールドワーク等を通じ、解決に挑みます。

近年では働き方の多様化、ニュースSNSを通じた就労に関する情報過多、より複雑化する社会など、キャリア選択の難しさが高まっているといわれています。本プロジェクトを通し、学生が自らの専攻や希望するキャリアに関連した就業体験を積むことで、将来の具体的な仕事イメージを得る機会を作り、雇用のミスマッチを解消することをします。加えて、当社は実際の消費者となる若者のリアル視点や、組みにとらわれない自由アイデアを得ることができます。

従来より、パナソニックでは、インターンシップや「Academia」の活動を通じて、学生のキャリア開発機会を提供してきました。今回の協働プロジェクトを通して、大学生が将来設計について考える契機をつくり、将来的な雇用のミスマッチを解消し、産学協同での人材育成に寄与することをします。
パナソニック インターンシップ情報
https://www.panasonic.com/jp/corporate/jobs/internship.html
パナソニックが「Academia」活動をスタート大学生のキャリア観の醸成機会を年間1,000人に提供~(2018年4月24日
https://news.panasonic.com/jp/topics/160103.html

早稲田大学商学部 恩藏ゼミについて
恩藏直人教授は、日本におけるマーケティング研究の第一人者です。恩藏ゼミは、恩藏直人教授のもとで、STP、4P、SWOT分析などの基本的なフレームワークから、進化している最先端のマーケティングを包括的に研究しています。

<関連情報
パナソニックの採用パンレットが「2018日本BtoB広告賞」で賞を受賞(2018年6月6日
https://news.panasonic.com/jp/topics/160761.html

パナソニック 企業情報
https://www.panasonic.com/jp/corporate.html

配信元企業パナソニック株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ