付き合っているはずなのに彼からの告白がないとか、二人の関係を早くはっきりさせたいとか、じれったく感じつつも言えないのが乙女心。

そんな女子のいじらしい気持ちを前に、男性はどう思っているのでしょうか。

なかなか告白してくれない男性心理を解説します。

パフォーマンスで告白した気になっている

女性からすれば「好きだよ」「付き合ってください」「彼女になって!」などのはっきりした言葉を告白だと思っているでしょう。

でも、男性によっては「言わなくても分かるだろう」と思ってるケースもあるのが現実。また、ボディタッチや腕を組むだけでも付き合っていると思っている奥手な男性も少なからずいます。

1回ベッドを共にすれば「俺の女扱い」が始まってしまう男性もいます。男性の脳裏には、女性が思い描くロマンティックな告白という文字すらないことも……。

あまり「告白」の文字にとらわれ過ぎるのは控えた方が良いかもしれませんね。

本命と思っていない

体の関係だけとか、遊び相手というセカンド的な女性には、告白などさらさらする気はないでしょう。

本命彼女には、既にチャッカリと告白してしまっているかもしれません。彼からの連絡が途絶えたり、彼に女性の影が見える時は要注意です。

告白を待つよりも、自分は果たして本命なのか、それとも遊び相手なのかを追求してみるべきです。

彼の自身のなさや隠し事があるため

彼が就職、転職したばかりなど、生活力に自信がない場合や自分のルックスや性格にコンプレックスを感じている場合などは、告白をしたくともできないでいる状態かもしれません。

大切な彼女だからこそ、幸せにしたい、でもできるだろうか?など彼の中で葛藤が生まれるもの。

そんな時は、もう少し彼に気持ちや経済的余裕ができるまで温かく見守ることが一番でしょう。

トラウマや元彼女を引きずっている

ひどいフラれ方をしてトラウマを抱えていたり、元彼女の存在が大きすぎて引きずっていたりと、彼の心に告白できない何らかの壁があるかもしれません。

そんなナイーブな彼の気持ちを逆なでするように告白を催促するような行動はNGです。

告白以外で、彼があなたを彼女と認めてくれるような行動をとってくれたらOKとしてあげてください。

おわりに

女性は男性との交際をスタートするのに“告白”を入口としていることが多いです。

でも男性側は必ずしもそうではなく、言葉を前提にしていないタイプも多くいます。

大人になればなるほど、学生の頃のようにロマンティックな告白をしてくる男性の方が珍しいと思った方が良いでしょう。

もし、告白にこだわるのであれば女性側のあなたから告白して二人の関係をはっきりさせるのも方法の1つですよ。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

iStock-179233001-compressor