コンピュータを使ったアーケードゲームが出始めた頃のレースゲームといえば、ハンドルを使って自を操作し、画面上方から流れくるクルマ抜く(避ける?)という単純なものでした。それが1979年のこと。昭和の時代に戻って、ゲームセンターで遊んでいる子どもたちに「腕を磨けばプロレーサーになれるよ」などと言っても、いわかには信じてもえないと思いますが、現代のゲームテクノロジープロレーサーを輩出するまでに進化しているのです。

GTアカデミー

大人ゲームシリーズグランツーリスモ」をプレイし、大会で優秀な成績を収めるとプロレーサーへのが開かれる…夢のような企画現実にあります。

日産自動車プレイステーションポリフォニー・デジタルによって2008年より開催されている「GTアカデミー by 日産×プレイステーション」は、ゲームリアルを繋ぐ架けとなるコンテスト

GTアカデミーで優秀な成績を納めたプレーヤーは、日産のレーシングチームに所属し、本物のレーシングカーで本物のサーキットを走行し、レース出場に必須の訓練とライセンスを獲得するチャンスが与えられます。

グランツーリスモプロドライバーの適正を判別する簡易シュミレーターとして利用しているのです。これはリアルドライブ好きな方も見逃せませんね。

日産レーシングチームの訓練とは?
GTアカデミー

GTアカデミーで優秀な成績を納めたドライバーは、日産レーシングチームに所属し、プロドライバーとしての適性が試される数々の訓練が行われます。

GTアカデミー2011年大会で優勝し、2017年から日本スーパーGT(GT500クラス)に参戦しているヤン・マーデンボローによると、訓練には飛行機でのアクロバット飛行、海兵隊並みのフィジカルトレーニング、プロ用シュミレーターによるレース練習なども含まれるとのことです。

飛行機は本物のパイロットが同乗し、示に従い操縦を行います。いきなりのアクロバット飛行とは難易度が高いですが、これにより強いメンタルを養う狙いがあります。また、海兵隊並みの過酷なフィジカルトレーニングは、レースでの過酷な環境に耐える体を養います。

そしてマシンだけでなく気や路面状況も調整可プロレーサー用のシュミレーターを使って、サーキットのコースを予習し、本番でも実を発揮できるように訓練します。

GTアカデミーは、すでに22人のプロドライバーを輩出しています。

ルーカス・オルドネス

2008年GTアカデミーヨーロッパ大会に参加し、GTアカデミー初代チャンピオンになりました。その後、2011年インターコンチネンタルル・マン・チャレンジで、LMP2クラスチャンピオンきます。

さらに、2012年ニュルブルクリンク24時間レースSP8Tクラス優勝、2013年ブラパン耐久シリーズPro-Amクラスドライバーズ・チャンピオン2014年バイ24時間レースSP2クラス優勝と々しい戦績を残しています。

ルーカス・オルドネスの出現がGTアカデミー育成プログラムの確かさを立し、GTアカデミーの舞台をヨーロッパだけでなく北ロシア中東オーストラリアインド南アフリカへとグロバルに広げるきっかけにもなりました。

ミゲル・ファイスカ

2013年GTアカデミーヨーロッパ大会で優勝し、プロレーサーになったミゲルファイスカ2014年ブラパン耐久シリーズに、日産GTアカデミーチームRJNから参戦。GTアカデミー優勝の賞品として、日産GT-R NISMO GT3をドライブしました。

同年のドバイ24時間レースSP2クラスドイツチャンピオンのフロリアン・ストラウス、ロシアチャンピオンのスタニスラフ・アクセノフ、北チャンピオンニック・マクミレンらとチームを組み、日産370Z NISMOで参戦。クラス優勝をはたします。

グランツーリスモプレイヤーだけで編成したチームが優勝したのは、もちろん初めてのことでした。

ヤン・マーデンボロー
次のトップドライバーが輩出されるチャンス
FIA公認グランツーリスモ・マニュファクチャラーシリーズ・チャンピオンシップ

GTアカデミー by日産×プレイステーションの開始から10年という節に、「FIAグランツーリスモ・マニュファクチャラーシリーズチャンピオンシップ」が開催されます。

これは、世界中のモータースポーツを統括するFIA(自動車連盟)の認を受けたeスポーツレースで、プレイステーション専用ゲームソフトグランツーリスモSPORT」のなかで開催されます。

この大会はオンラインを使って、アジアアメリカヨーロッパの各地域で予選を行い、ワールドファイナルコマを進めます。ここから、次のトップドライバーが輩出されることになるかもしれませんね。


平成初期には、まだドライブゲームリアルは違うとする方が多かったものです。しかし、現代は限りなく現実に沿ったシュミレーターになっています。時代の変遷と技術の発達に驚きですね。

グランツーリスモを必死でやったら、本物のプロレーサーになれる時代に!?