2018年7月13日
報道関係各位
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
================================================================
GMO-PG・東急電鉄横浜銀行ゆうちょ銀行
日本初、券売機でのキャッシュアウト実現に向けた開発を開始
================================================================
 GMOインターネットグループにおいて、総合的な決済関連サービス及び融関連
サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東一部:券コー
3769、代表取締役社長:相 一成 以下、GMO-PG)と、東京急行電鉄式会
社(代表取締役社長高橋 和夫 以下、東急電鉄)、株式会社横浜銀行(代表取
締役頭取:大矢 恭好 以下、横浜銀行)、株式会社ゆうちょ銀行取締役兼代表
執行役社長池田 人 以下、ゆうちょ銀行)の4社は、「銀行Pay」の仕組み
活用し、東急線各の券売機(※1)で銀行の引き出しができるキャッシ
アウト(※2)・サービスの開発を開始いたします。の券売機を活用したキ
ャッシュアウトは、日本初の取り組みであり、2018年度中に東急線の一部の券売
機で実実験を実施し、2019年から東急線各でのサービス提供開始を標と
しております。

(※1)世田谷線こどもの国線を除く
(※2)小売店のレジや自動精算機などにおいて、デビットカードやスマート
フォン等の端末など銀行口座連動の決済手段を利用することで、
銀行の引き出しができる仕組みのこと。


----------------------------------------------------------
背景概要
----------------------------------------------------------
 GMO-PGと横浜銀行は、銀行口座と連動してスマホアプリから即時に口座引き落と
し等ができる「銀行Pay」を2016年に共同開発(※3)し、現在では横浜銀行ほか
ゆうちょ銀行などで導入及び導入予定をしております。また、2017年4月に施行
された銀行法施行規則の正により、デビットカードスマートフォン等の端末
を用いた「キャッシュアウト」が日本国内でも一定の条件下で認められるように
なったことから、現在、「銀行Pay」へのキャッシュアウトの追加に向けて
開発を進めております。
 この度、GMO-PG、東急電鉄横浜銀行ゆうちょ銀行は、券売機によるキャッシ
アウトサービスの実現に向け開発を開始いたします。これは、「銀行Pay」
の基盤システム活用した、横浜銀行の「はまPay」及びゆうちょ銀行の「ゆう
ちょPay」(2019年2月提供開始予定)において、各スマホアプリに表示されるQR
コードをかざすだけで、東急線各の券売機で現が引き出せるようになるもの
です。これにより、横浜銀行またはゆうちょ銀行に口座をお持ちの利用者は、
行やATMなどに立ち寄らずとも、生活動線上にある東急線各の券売機で、各行
の預の引き出しが可となります。
 また、このキャッシュアウトサービスは、各鉄道会社における券売機の新たな
活用方法の一つとなることから、東急線外へのサービス提供も視野に検討を進め
てまいります。

(※3)参考:2016年10月5日発表「銀行初、横浜銀行の口座と連動した
   スマホ決済サービスを共同開発」
URLhttps://corp.gmo-pg.com/newsroom/press/gmo-paymentgateway/2016/1005.html
<券売機を活用したキャッシュアウトのイメージ>
----------------------------------------------------------
【「銀行Pay」について】
URLhttps://www.gmo-pg.com/service/ginkopay/
----------------------------------------------------------
 GMO-PGが基盤システム提供する「銀行Pay」は、2016年横浜銀行と共同で開
発した、スマホアプリから即時に銀行口座の引き落とし等によるお支払いができ
サービスです。「銀行Pay」を導入している銀行に口座を持つ利用者は、利用
者向けスマホアプリダウンロードし、自分の口座を事前に登録しておくことで、
加盟店でのお買い物の際、加盟店のタブレット端末スマホに表示されたQR
ードを読み取るか、お支払い先へ“チェックイン”して暗番号を入するだけ
で、銀行口座から代が引き落としされ、お支払いが了いたします。
 機関は、「銀行Pay」を銀行独自のスマホ決済サービスとして展開できるだ
けでなく、導入銀行間の相互連携(マルチバンク)により、銀行や地域を越えて
利用できるサービスとして提供することが可です。

----------------------------------------------------------
GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】
----------------------------------------------------------
 GMO-PGは、ネットショップなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など額料
課金の事業者、税庁や東京都等の機関など8万8,673店舗(GMO-PGグル
ープ2018年3月現在)の加盟店及び機関等に、総合的な決済関連サービス
及び融関連サービス提供しています。
 決済業界のリーディンカンパニーとして、決済サービスを中心に、加盟店の売
上向上に資するweb広告サービスや、加盟店の成長を資面からサポートする融
資等の付加価値サービス提供し、年間決済処理額は3兆円をえています。
また、機関向けのソリューション提供や、海外決済サービス提供海外決済
会社との資本業務提携等の海外事業など、事業領域を拡大しています。
 GMO-PGは、消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、決済プロ
セスインフラになることをしています。今後も新たなイノベーションを牽
引してまいります。

----------------------------------------------------------
【関連URL
----------------------------------------------------------
GMO-PG コーポレートサイトURLhttps://corp.gmo-pg.com/
GMO-PG サービスサイトURLhttps://www.gmo-pg.com/

以上
----------------------------------------------------------
サービスに関するお問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
イノベーション・パートナーズ本部
戦略事業統括部 スマートペイ事業推進室
TEL:03-3464-2323 FAX:03-3464-2477
E-mail:info@gmo-pg.com
----------------------------------------------------------
報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部
TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2387
E-mail:pr@gmo-pg.com

GMOインターネット株式会社
グループ広報・IR部 石井島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
----------------------------------------------------------

GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URLhttps://corp.gmo-pg.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOペイメントゲートウェイ株式会社(東第一部 コード3769)
所在地  東京都渋谷区玄坂1丁14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者  代表取締役社長 相 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び融関連サービス
資本  47億1,200万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

GMOインターネット株式会社】(URLhttps://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東第一部 コード9449
所在地  東京都渋谷区丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長社長グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告メディア事業
インターネット融事業 ■仮想通貨事業
資本  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
QRコードの商標は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

Copyright (C) 2018 GMO Payment Gateway, Inc. All Rights Reserved.

GMO INTERNET GROUPwww.gmo.jp

配信元企業GMOインターネットグループ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ