歌手タレント松浦亜弥が、第2子を妊娠していることがわかった。夫であるw-inds.慶太が公式ツイッターで報告した。松浦2011年に子宮内膜症を患い、不妊治療を経て14年に長女を出産している。病気を乗り越えての二度妊娠は同じ悩みを抱える人たちの励みにもなりそうだ。一方で、今回の妊娠発表であらためてクローズアップされそうなのが、“あの疑惑”である。

「年齢詐称説ですね。松浦デビュー時から大人びた顔つきであったことも手伝ってか、一貫して年齢詐称説が取り沙汰されてきました。その決定打となったのがラジオ番組で言ったとされる言葉です。当時18歳であったにもかかわらず『成人式に行った』『短大に入った』といった、ありえない話をしたといわれています。ただ、音ネット上に上がっているわけではなく、偽が不確かな都市伝説の類いの話ともいえるでしょう」(芸ライター

 だが、彼女には、実際に年齢を詐称していたエピソードもある。

松浦は00年に行われた『第4回モーニング娘。平家みちよオーディション』に合格しデビューします。応募資格15歳から18歳までの女性でしたが、14歳だった松浦は年齢を上にサバ読みして応募しました。このあたりのエピソードから、年齢詐称説が独り歩きしたのかもしれません。ただ、その後に中学卒業式の様子が写真週刊誌に報じられ1986年生まれであると明されていますので、14歳だったことにはないといえるでしょう。それだけ熟な才であったということです」(同)

 そんな松浦は、現在32歳。13年12月に活動を休止して4年あまりが経つが、第2子の妊娠で芸界復帰はまだまだ先となりそうだ。

(文=平田利)

「ドッキドキ!LOVEメール」(ZETIMA)