「この魚はマダイちゃんでギョざいます」――AI(人工知能)技術を活用し、写真から魚の種類を判別するスマートフォンアプリ「フィッシュ」(iOS/Android、無料)が登場した。80種類(7月13日時点)の魚を判別し、名前や科目、どのような料理に向いているかなどを教えてくれる優れモノだ。

【画像】魚を判定させた結果

 釣り船予約サイトなどを運営するB.Creation(兵庫県芦屋市)が開発した。予約サイトを通じ、釣り人から集めた約300万点の魚画像をデータベース化。画像1枚1枚の魚の種類を人力でタグ付けし、AIに学習させたという。

 ネット上では「面白い!」「釣りが楽しくなりそう」といった声がある一方、「人力で300万枚にタグ付け?」「気が遠くなる作業だったのでは?」と苦労を察する声も上がった。しかし「現場はそこまで大変とは思っていない」(同社の開発スタッフ)という。開発の舞台裏を聞いた。

●「在宅ワーク部隊」が積み上げた300万枚分のデータ

 同社は「釣りに関連するデータ全てをデータベース化すること」を目標の1つに掲げ、10年以上前から釣り人の魚の写真を収集し、タグ付けしてきたという。同社によれば、作業のペースは1日当たり約1000~3000枚だった。

 「コツコツと積み上げてきたものなので、現場はそこまで大変とは思っていない。ただ、この量をこれから(他社が)追い抜くのは、なかなか難しいとは思う」

 作業を担うのは、15人の「在宅ワーク部隊」。始めた当初は「釣り業界で著名な方々にチェック、監修をお願いしていた」というが、10年以上、取り組んだ彼らは「魚のプロ以上の目利き能力を身に付けていると自負している」という。

●「ブラックバスはメジャーと一緒に写ることが多い」 AIに覚えさせる

 しかし「データを人力で収集、保管、整備するのは限界がある」と考え、AI技術の活用も始めた同社。社内だけでなく、ユーザー向けのサービスにも応用できないかと、魚種判別アプリを開発した。だが、その道のりは長かった。AIに画像を学習させる方法の研究には、約1年半を費やしたという。

 魚種を判別するアプリは、どのような場所で使われるだろうか――。開発スタッフは、海や川など野外の水辺、水族館などを想定。そうした場所では、周囲が明るい・暗い、背景に魚以外のものがごちゃごちゃと写り込む、といった状況になると考えた。そのため条件が異なるさまざまな画像をAIに学習させる必要があった。

 「魚種ごとに、一緒に映り込む可能性の高いもの、フラッシュの使用有無などを考慮した。例えば、ブラックバスは(サイズを測る)メジャーと一緒によく撮影される。メバルは夜釣りで狙うことが多いので、フラッシュを使用して撮影することが多い」

 こうした苦労があり完成したアプリは、魚の他、イカ、タコなども見分ける。魚種以外に、生きているか死んでいるかなどの情報のタグ付けも始めた。スズキなど一部の魚ではAIが生死を判別できるという。

●「釣りをアップデートしていきたい」

 同社の開発スタッフは「釣りをはじめ、海や川でのレジャーをより気軽で安全に楽しむツールを作りたい」と意気込む。開発したAI技術のAPIを他社へも提供。魚市場では、これまで人力だった魚の振り分け作業を自動化したり、水族館では、来場者が魚について楽しく学べるツールを用意したり――といった活用を見込む。

 この他、特定の企業向けにオリジナルの魚種判別ツールを開発した。今後は魚と関係がない画像を判別するAIの企画や開発なども検討する。「今後も当社のテクノロジーとエンターテインメントの力を生かし、釣りをアップデートしていきたい」

写真から魚の種類を判別するスマートフォンアプリ「フィッシュ」