インクリメントPは7月13日、カーナビアプリ「MapFan」で、通信環境が不安定な場所でもルート検索できるオフライン地図機能などの有料機能を、8月31日まで無償提供すると発表した。西日本豪雨の被災地での支援活動や位置確認に役立ててほしいとしている。

【その他の画像】

 通常は月額400円で提供している、オフライン地図データ(約5.8GB)のダウンロード機能やVICS情報表示、渋滞を考慮したルート検索、オービス情報表示、駐車場満空、ガソリンスタンド価格検索機能を無償化。無償期間終了後、ダウンロードした地図データはそのまま使えるが、VICS、オービス、駐車場満空/ガソリンスタンド価格検索は利用できなくなる。

 Wi-Fiを使ってあらかじめオフライン地図データをダウンロードしておけば、通信環境が不安定な場所でも位置確認やルート検索などが可能。大型車規制考慮ルート検索にも対応しているため、支援物資の輸送や重機の通行の際の参考にしてほしいという。

 今回の無償提供に当たっては、NTTタウンページ、三栄書房、日立ソリューションズなど各社から協力を受けたという。

アプリ画面