マーベル人気キャラクターブラック・ウィドウの単独映画を、オーストラリア出身のケイトショートランド監督が手掛けると、 Hollywood Reporter が独占で報じている。

 マーベルスタジオは、本作の監督を決めるにあたり、半年かけて70人以上の監督と面会をしたという。女性ヒーローを描くことから、女性監督の起用をし、最終補としてショートランド監督をはじめ、英国テレビドラマ女優としても活躍するアマアサンテ、サンダンス映画祭で話題になった『ノビシエイト(原題) / Novitiate』を手掛けたマギー・ベッツをリストアップしていた。

 同サイトは、ブラック・ウィドウを演じるスカーレットヨハンソンが、ショートランド監督の起用を後押ししたと報じている。彼女は、監督が手掛けた『さよならアドルフ』(2012)で描かれるザスキアローゼンダール演じる主人公に感銘を受けたそうだ。

 ブラック・ウィドウは『アイアンマン2』(2010)で初登場して以降、アベンジャーズの一員として複数のマーベル映画で活躍してきた。同サイトによると、単独映画の時代設定は『アベンジャーズ』(2012)より前となり、彼女ロシアスパイからヒーローへと転身する姿を描く可性があるという。

 マーベルスタジオの新作として、ブリー・ラーソン演の『キャプテンマーベル(原題) / Captain Marvel』(2019年3月8日開予定)が控えており、本作は『キャプテンマーベル』に続く、2番女性ヒーロー主人公の作品になる可性が高い。(編集部・倉本拓弥)

スカヨハのアクションにも期待! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ