株式会社360Channel(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長中島健登)は、エンジニアデザイナーの採用イベント2018年7月20日()に開催いたします。
イベントURLhttps://peatix.com/event/402646/view
VR/AR業界の最先端を走る企業6社による合同採用イベントを開催いたします。初回である今回は、VR/AR業界に飛び込みたいエンジニアデザイナーを大募集。
VR/AR仕事がしたい・興味はあるけど、チャレンジするのは…と考えているエンジニアデザイナーの方、今をきらめくVR企業の豊富な経験談を聞いてみてはいかがでしょうか。

6社の代表や各社のエンジニアデザイナーが、会社や仕事・業界を包み隠さずお話いたします。各社の生のをお聞きいただき、また、製品体験から、「ここで働きたい!」と思う企業があれば採用ブースにお越し下さい。各社の人事担当があなたのお越しをお待ちしております。あなたのスキルや想いと企業側のお任せしたい業務や志向性がマッチすれば、その場で内定の可性もございます。

【開催概要
■日時:2018年7月20日()19時30~22時30
■会場:株式会社コロプラ セミナールー
東京都渋谷区寿4-20寿ガーデンプレイタワー 11F
https://colopl.co.jp/company/summary/#anc02
■対VR/AR業界に興味があるエンジニアデザイナー
■定員:100
事前登録制でございます。詳細および事前登録はイベントページでご確認ください。
■費用:無料
催:株式会社ActEvolve
■会場提供株式会社コロプラ
イベント詳細URLhttps://peatix.com/event/402646/view

タイムテーブル
19:00-19:30 受付
19:30-19:35 趣旨説明
19:35-19:50 アイスブレイク
19:50-20:25 6社のLT(会社紹介)
20:30-21:15 CEO(採用担当者)パネルディスカッション
21:20-22:20 採用ブースで交流会
22:20-22:30 締め

【参加企業
企業名:株式会社よむネコ(http://www.yomune.co)
企業紹介:株式会社よむネコは「最高に居心地がいいと感じられる 間の中で、複数ユーザーインタラクション環境を作り出し、社会の発展に貢献すること」をビジョンに掲げ、 VRゲーム企画・開発・運営を行っています。
現在制作中のVRアクションRPG「SWORDS of GARGANTUA」は異世界における冒険と戦闘が実際にどういうものなのか、どう体験できるのかを眼に開発を行っております。敵の攻撃をで受け流し、反撃ので切り返す。その時の衝撃とスリルそして手応えを感じられるもの、それが「SWORDS of GARGANTUA」です。
現在ゲーム販売サイトである「itch.io」にて戦闘システムを紹介する「コンバットレビューデモ」を開中!ぜひクリック
https://yomuneco.itch.io/gargantuavr

企業名:クラスター株式会社(https://cluster.mu)
企業紹介:クラスターバーチャルイベントラットフォーム「cluster.」を運営しています。でもVRPCで自宅からバーチャルイベントに参加することができます。「ひきこもりを加速する」というキャッチを掲げ、最先端のテクノロジーを駆使してバーチャル世界の創造を論むVRスタートアップです。

企業名:株式会社Synamon(http://synamon.jp)
企業紹介:VR間での最適なユーザー体験を創るためのベースシステムNEUTRANS』を開発。このベースシステム活用し、様々なビジネスシーンで使える、VRビジュアルコラボレーションツールとして提供する『NEUTRANS BIZ』と、お客様のご要望に合わせ、VR技術を活用したコンテンツシステム、研究開発の基盤を独自構築する『NEUTRANS SOLUTION』、2つのサービス提供しているVRスタートアップ
NEUTRANS BIZ』詳細ページ
http://neutrans.space/biz/
NEUTRANS SOLUTION』詳細ページ
http://neutrans.space/solution/
NEUTRANS SOLUTION』導入事例
パソナ「VRおもてなし研修」
http://neutrans.space/casestudy/144/

企業名:株式会社EXPVR(https://www.expvr.jp)
企業紹介:EXPVRは「VRエンターテイメント世界中の人々をHEROにする!」をビジョンに掲げ、 VRゲームの開発をしております。最終標はVR間にもう一つの世界を作り出すことで、"Ready Player One"のような世界します!
忍者ヒーローVRアクションゲーム「BE THE HERO
VR間で忍者ヒーローになって、最新の「酔わない移動技術」を導入した高速で駆け抜けながら敵を倒していく爽快アクションVRマンガ融合したVRアクションゲーム
もが幼い頃から憧れていたヒーローに自分がなる、そんな熱い体験が出来るゲームです!今年のリリース予定!
https://store.steampowered.com/app/744460/BE_THE_HERO/

企業名:株式会社ActEvolve(http://www.actevolve.com)
企業紹介:ActEvolveは「世界アップデートする」という的のもと、VR/AR技術を用いて新しい常識を築くコンテンツ企画開発を行っています。現在日本発のVRコンテンツで初めてのe-Sports化をした「Blitz Freak」のEarly Access版が発売中。
Blitz Freak」について
Blitz Freak」は日本VRコンテンツ初のe-Sports化をしたオンラインマルチプレイヤーVRゲームです。VR酔いのないスピード感あふれる移動方法、明快ながらも深いゲーム性が魅です。プレイヤー視点一人称ですが、独自の変換システムにより外部デバイスに出される映像スポーツ観戦のような三人称視点映像になります。このシステムにより、プレイヤーだけでなく観客も楽しめるVRゲームになっています。
製品ページhttp://store.steampowered.com/app/757670/Blitz_Freak/

【360Channel サービス概要
『360Channel』で配信する動画は360度全方位自由視点を動かすことが可で、あたかも動画内に自分がいるかのような臨場感あふれる視聴体験を楽しめる点が最大の特長です。Windows Mixed RealityPlayStation(R)VROculus GoOculus RiftGear VRDaydream View、Mirage Solo といったVR専用HMDを装着することで、もっとも没入感の高い視聴体験を味わうことができます。専用サイトアクセスすることでPCスマートフォンからも利用可です。
提供サービス:360VR動画の視聴(ストリーミング再生)
動画アーカイブ形式のため、一定期間経過後に削除されます。
URL    :https://www.360ch.tv/
■対応デバイスVR専用HMD(※1)、Windows Mixed RealityPCスマートフォンタブレット端末
デバイスによっては一部視聴できないコンテンツがあります。
サービス利用料無料(※2)
コンテンツ価格:無料および有料
スマートフォンアプリ
App Store URLhttps://itunes.apple.com/jp/app/id1132576676
Google Play™ URLhttps://play.google.com/store/apps/details?id=tv.ch360.platform
■PS VRでの視聴方法 :https://www.360ch.tv/page/psvr
公式Facebookhttps://www.facebook.com/360ch.tv
公式Twitter    :https://twitter.com/360ch
※1 VR専用HMDPlayStation(R)VROculus GoOculus RiftGear VRDaydream View、Mirage Soloに対応。その他のVR専用HMDにも随時対応していきます。
※2 対応デバイス使用時にはそれぞれ別途通信料がかかります。

株式会社360Channel 会社概要
社名  :株式会社360Channel http://corp.360ch.tv/
所在地 :東京都渋谷区寿4-20-3 恵寿ガーデンプレイタワー11F
設立  :2015年11月2日
資本 :7億円(資本準備含む)
代表者 :代表取締役社長 中島 健登
事業内容:360動画関連事業

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社360Channel  広報担当  pr_ml@360ch.tv

(C) 2016-2018 360Channel, Inc.
360チャンネル\サンロクマチャンネル、360Channelロゴ(「36」)およびサンロクマVRクンは株式会社コロプラの商標または登録商標です。
AndroidGoogle Play は、Google Inc. の商標または登録商標です。
iPhoneiPod touchiPadiTunesは、米国および他Apple Inc.の登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

配信元企業株式会社360Channel

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ