気象庁は13日、西・東日本では7月下旬にかけて気温のかなり高い状態が長く続く見込みだと発表した。写真は記者会見で熱中症にならないよう注意を呼び掛ける竹川元章予報官=東京・大手町 【時事通信社】