株式会社エディア(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:原尾 正紀)は、平成307月13日開催の取締役会において、株式会社一二三書房(本社:東京都千代田区、代表取締役社長長谷川 洋、以下:「一二三書房社」)との間で資本業務提携契約を締結し、一二三書房社の実施する第三者割当増資を引受けることにより、一二三書房社を当社の子会社とすることを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
1. 資本業務提携の概要

当社は、スマートフォンゲームの開発・運営な事業として展開しております。当社は新作タイトルの配信等による業容拡大と収益基盤の拡大を図るとともに、今後の成長戦略の一環として、新たな収益の柱をつくるべくM&Aや提携、クロスメディア展開およびIP創出に向けた取り組みを推進しております。

一方、一二三書房社は、アニメゲーム関連の出版物及び各種グッズ企画制作・販売を行うとともに、ゲーム素材制作受託やIPプロモーション受託等のエンターテインメントコンテンツ制作受託事業を展開するなど、ビジネス領域を拡大しております。

本資本業務提携を通じ、当社の成長戦略として掲げている「オタクコンテンツ」における新規ビジネスへの進出による収益基盤の拡大が実現できるだけではなく、一二三書房社の保有する出版事業、グッズ事業及びコンテンツ制作受託等の活用に加え、当社及び当社子会社株式会社ティームエンターテインメントの各事業を連動することで当社がクロスメディア展開、およびIP創出に向けた取り組みを更に強化することが可であると判断し、本資本業務提携を決議いたしました。

今後、両社の持つコンテンツとノウハウの相互活用により、強いシナジーを創出する体制を整え、オタク市場フォーカスした総合エンターテインメントカンパニーしてまいります。

(1)資本提携の内容
当社は、一二三書房社との業務提携によるシナジー効果を最大限に発揮するため、平成308月20日付で、一二三書房社の行う第三者割当増資により新たに発行する普通120,000を引き受けます。これにより当社は一二三書房社の発行済式の66.7(議決権の2/3以上)を取得することとなり、当社の連結子会社となる予定です。
(2)業務提携の内容
当社は、一二三書房社のマネジメント体制強化のための役員の派遣、収益善を的とする一二三書房社の商品企画、生産体制、管理体制等の善のための支援、資本政策の支援並びに財務体質強化のための支援等を行ってまいります。


2. 資本業務提携及び子会社となる会社の概要
(1)名称
株式会社一二三書房
(2)所在
東京都千代田区飯田2-14-2 雄邦ビル
(3)代表者の役職・氏名
代表取締役社長 長谷川 洋
(4)事業内容
ゲーム関連商品およびキャラクター商品の企画制作・販売
書籍・定期刊行物の企画・編集・出版
各種販促プラン企画立案・実施

(5)資本
40万円
(6)設立年
1951年12月3日
(7)大及び持


長谷川 洋 43.1%
 信幸 18.0%
佐藤 昇 16.7%
小谷野 嘉人 6.7%
高木 理夫 4.7%
酒井 健太郎 4.2%
辺見 正和 3.3%
村山  3.3%
(8)上場会社と当該会社との間の関係
資本関係
該当事項はありません。
人的関係
該当事項はありません。
取引関係
該当事項はありません。
(9)当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態
決算期
平成27年8月
平成28年8月
平成29年8月
純資産
58万円 81万円 85万円
総資産
381万円 366万円 413万円
当たり純資産
1,963.1円 1,350.5円 1,420
売上高
608万円 657万円 612万円
営業利益
6万円 4万円 8万円
経常利益
3万円 8万円 4万円
当期純利益 4万円 7万円 4万円
当たり当期純利益
138.6円 131.1円 69.4円

当たり配当
0円 0円 0円

3. 取得式数、取得価額及び取得前後の所有式の状況
(1)異動前の所有式数

(議決権の数:0個)
(議決権所有割合:0
(2)取得式数
120,000
(議決権の数:120,000個)
(3)取得価額
株式会社一二三書房の普通式         
60万円
アドバイザリー費用等              
1万円
合計
61万円
(4)異動後の所有式数
120,000
(議決権の数:120,000個)
(議決権所有割合:66.7



4. 日程
(1)取締役会決議日
平成307月13日
(2)契約締結日
平成307月13日(予定)
(3)第三者割当増資引受実行日
平成308月20日(予定)

5. 今後の見通し
本件式取得による平成312月期以降の連結業績に与える影につきましては現在中であり、開示すべき事項が発生いたしましたら速やかに開示いたします。

配信元企業株式会社エディア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ