世界最大級のマンガえを誇る、電子書籍販売サイトeBookJapan」(https://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックニシティジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2018年上半期にeBookJapanで最も売れたマンガ小説を各ジャンル別(男性マンガ女性マンガボーイズラブティーンズラブ、ライトノベル、文芸・小説)およびトレンド別などで集計、発表いたしました。(集計期間:2018年1月1日6月17日

お得にまんがが買える電子書店「eBookJapan」は1ユーザーあたりの均購入額が5,000円をえる、の「マンガ好き」のみなさまにご利用いただいている電子書籍販売サイトです。マンガ好きが2018年に買ったマンガランキングに、ぜひご注ください。

電子書籍 売上ランキングby eBookJapan 特設ページ
https://www.ebookjapan.jp/ebj/content/ranking/annual/




◆「総合」および「少年青年マンガ」部門 売上ランキング

1位 『進撃の巨人』(諫山創











2位 『キングダム』(原泰久)










3位 『ダンジョン飯』(九井諒子











2018年上半期の「総合」および「少年青年まんが」部門の売上ランキング1位は、昨年は『キングダム』に王座を譲っていた『進撃の巨人』が1年ぶりに再び返り咲きました。2位となった『キングダム』もの新刊で50巻の大台に乗るなど記念すべき動きがありましたが、『進撃の巨人』も長い「溜め」の時期からの衝撃的な新展開を収録した25巻が爆発的に売上を伸ばし、僅差で『キングダム』を上回る結果となりました。3位は『ダンジョン飯』。こちらも新展開・新キャラクターが話題となった作品です。もともと発刊ペースがあまりくないためか発売直後の動きは今一つだったものの、その後じわじわと売れ続けて3位に食い込む姿はeBookJapan書店員を驚かせました。


◆「少女女性マンガ」部門 売上ランキング

1位 『ヲタクに恋は難しい』(ふじた)











2位 『ちはやふる』(末次由紀











3位 『凪のお暇』(コナリミサト)











少女女性まんが」部門の1位は、TVアニメで大いに話題となった『ヲタクに恋は難しい』。実在するオタク文化・用を積極的に盛り込みながら個性的なオタクたちの恋愛模様を描き、幅広い層からの共感を集めています。2位過去2年間の年間ランキング1位に君臨し続けた『ちはやふる』。この実写映画開され話題を呼びました。3位には3月に発表された「マンガ大賞2018」でも3位を受賞した『凪のお暇』。「空気を読む」のに頑りすぎてストレスに耐えかねた女性ドロップアウトと再生を描き、社会で頑る多くの女性の支持を得ました。


特設ページでは、さらに「BLボーイズラブ)」「TL・レディコミ」「ラノベ」「文芸・小説」などの他ジャンル2018年に新登場した「今年の新作」部門など、多方面から2018年上半期のまんが業界のトレンドをった作品を紹介しております。


昨年より2018年にかけて、漫画をはじめとするコンテンツを違法にアップロード著作権を侵する、いわゆる「海賊サイト」に関する話題が世間を賑わせておりました。今なお根絶されたとは言えないそれらは、出版文化および産業自体の基盤を大きく損ねる権利侵行為です。作品を生み出した著作権者に正しく収益が還元される正規版で、漫画を楽しんでもらいたい。そのような想いからeBookJapanは今後も多くの電子書籍作品と出会い、楽しんでいただけるような企画を用意してまいります。この機会に、多くのまんが作品と出会い、お得にまんがをお楽しみください。


■eBookJapanのな特長
世界最大級のマンガ作品数をはじめ、56万冊をえる “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表表示”も可
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー
WindowsPCMaciPad/iPhone/iPod touchAndroidに対応。

株式会社イーブックニシティジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年東京券取引所マザー市場に上場、2013年に東一部へ市場変更。 (コード:3658 “365ハッピー”)2016年9月より、Yahoo! JAPANグループの一員となりました。

コーポレートサイトhttps://corp.ebookjapan.jp/
電子書籍販売サイトeBookJapan (https://www.ebookjapan.jp/ebj/)

配信元企業株式会社イーブックニシティジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ