BaseLayer株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 :競仁志、以下BaseLayer)が日本向けPR・マーケティング・コミュニティネジメントを担当している、広告メディアを直接繋ぐ広告ラットフォーム「Kind Ads (カインドアズ)」が日本初上陸いたします。
 今回の上陸を機に、日本マーケットへの認知拡大とKind Adsラットフォームの普及をします。

■Kind Ads (カインドアズ):https://kindads.io/ja-JP/Home/Home


■Kind Adsカインドアズ)
 イーサリアブロックチェーン活用した広告ラットフォーム「Kind Ads」。Kind Ads活用すれば、広告メディアは直接つながることができます。Kind Adsは、Kind Adsユーザーによってどのくらい信頼されたかをベースに、メディアランク付け。広告は、ランク化されたスコアを基準にメディアを選定し、広告が狙う場所において最も効果が高いメディア広告を載せることで、広告効果を最大化することが可になります。今までの広告では仲介者によって30%以上もの仲介手数料が発生するのが普通でしたが、Kind Ads を利用すれば、仲介者の中抜きの心配がないために、広告お金の節約になり、メディアは今までよりも多くのフィーをトークンとして即座に得ることが可です。さらに、ブロックチェーン技術の利点である、ユーザーのプライバシーデータの保護活用し、関係な広告が出現することなくWEBの閲覧を可にしました。加えて、コンテンツを見る側のユーザーにもメリットがあります。ユーザーもプッシュ通知を受け取るか否かを選択でき、受け取ることを選択すれば、トークンとしてフィーを得ることができます。トークン化された報酬プールは、サイト運営者、ユーザー、*アプリパートナー毎日割り当てられます。

<Kind Adsの特徴>
電子メールやプッシュ通知などの技術を介して関連性の高い広告を表示することが可
ユーザーは、自身のデータがどのように利用されるのかを定することができます。
 第三者がデータを利用することを了承すると、トークンによる報酬を得ることができます。
メディア広告に直接アクセスが可
広告は、ユーザーによるメディアランク付けに基づいて、メディアを見つけ、
 最も効果が高いメディア広告運営することが可
トークン化された報酬プールは、広告ユーザー、*アプリパートナー毎日割り当てられます。

*アプリパートナー広告掲載を可にするための技術を提供している技術提供

デジタル広告費、前年費15.2%増の裏には不要広告の存在!
 Googleへ不要広告50億件をえるフィードバックあり
 電通が発表した「2017年日本広告費」によると、総広告費は6兆3,907億円、内インターネット広告費は前年15.2%増の1兆5,094億円と急速に伸びています。(参照:電通2017年 日本広告費」)しかし、市場拡大の裏には、ユーザーが必要としない広告の増加も懸念されています。

 Googleが発表した、繰り返し表示される不要な広告を消す機”リマインダー広告ミュートできる機”では、広告右上にある非表示を表す「x」ボタンで、その広告を表示させなくすることができます。Googleがこの機を発表して以来、”関連性がない”とユーザーに判別された関係な広告として、50億件ものフィードバックが集まったようです。Googleはより快適なネット環境実現のため、集まったフィードバックを元に100万円の不要な広告Google広告ネットワークから排除しました。(参照:Google広告設定の新機による高度なコントロール」)関係な広告をなくすことで本来の広告効果を最大限に引き出し、ユーザーストレスレスネットライフに繋がりそうです。

運営会社 概要
会社名  : BaseLayer株式会社
所在地  : 渋谷区千駄ヶ3-14-5 第16スカイビル4階
代表者  : 代表取締役 競仁志
事業内容: 海外ブロックチェーンプロジェクト日本向けPR・マーケティング・
      コミュニティネジメントをワンストップ提供
TEL   : 03-5775-1313
MAIL  : info@baselayer.asia
URL : http://www.baselayer.asia/

配信元企業BaseLayer株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ