2014年にWiiU用ソフトで発売された箱庭アドベンチャーゲーム「進め!キノピオ隊長」(任天堂)がパワーアップし、ニンテンドースイッチとニンテンドー3DSで発売された。スイッチ版ではおすそわけ(2人協力)プレー、3DS版では立体視機能を生かした遊びを楽しめる。

 主人公は、お宝を探して冒険中のキノピオ隊長。パワースターを発見したのもつかの間、怪鳥ウィンゴに仲間のキノピコごとさらわれてしまう。パワースターとキノピコを追って、キノピオ隊長は新しい冒険に旅立つ……というストーリー。

 ステージ上の敵キャラクターをやっつけたり、さまざまな仕掛けをクリアしながら、ゴールに到達することが目的だ。ステージは立体的に構成されている。ぐるっと回転させて反対側を見て道を発見、タッチして仕掛けを動かす。カブを投げつけて敵を倒したり、スーパーツルハシで敵やブロックを破壊できる。

 スイッチ版では片方のプレーヤーがキノピコ隊長を操作し、もう一人のプレーヤーがカブを撃ったり、敵の動きを止めたりして、アシストできる。3DS版では立体視機能を生かして、手のひらの中に世界が存在するかのような感覚で楽しめる。ステージは70種類以上を収録。「スーパーマリオオデッセイ」のミニチュアコースも探検できる。

進め!キノピオ隊長(NS・3DS) CEROレーティングA(全年齢対象) 任天堂 3980円(税抜き/パッケージ版・ダウンロード版とも) 7月13日発売

「進め!キノピオ隊長」のゲーム画面(C) 2014-2018 Nintendo