Jリーグは13日、『明治安田生命JリーグMastercard priceless japan MVP』を発表。大宮アルディージャに所属するFW大前元紀が初受賞を果たした。

 大前は6月に開催された5試合で4得点を記録した。Jリーグ選考委員会は「ヘディングでの得点や第20節vs京都戦で見せた意表を突くFKなど、ストライカーとして豊富な得点パターン、決定の高さで常に相手DFの脅威となった。そのほか、チームの攻撃の核としてチャンスメイクをこなす総合的なの高さに選考委員会からの支持が集まった」と総評。大宮6月を3勝2分け敗で乗り切り、現在J1昇格プレーオフ圏内に迫る7位まで順位を上げている。

 MVPの受賞に際し、大前は以下のようにコメントを発表している。

チームあっての受賞だと思いますし、チームメートやスタッフ感謝したいです。そして、6月敗を一緒に戦ってくれたファンサポーターの皆さんの援に感謝しています。チーム調子が上向いてきた中で、自分自身が貢献できていると評価してもらえたのはうれしいですが、まだまだ納得できる順位ではありません。今シーズン標に向かって、より良いプレー、より良い戦いをしていきたいです。今シーズンの序盤はワンタッチでのゴールが多かったですが、6月コントロールしてからシュートに持ち込む場面も増えてきました。いろいろなパターンゴールを奪えることは自分の強みですし、もっともっと得点を取ってチームを引っっていきたいです」

6月の月間MVPを受賞した大前元紀 [写真]=Getty Images