清水エスパルスは13日、アランヤスポル(トルコ)からブラジル人FWドウグラスを完全移籍で獲得したことを発表した。

 加入に際し、ドウグラスは清水のクラブ公式HPで以下のようにコメントを発表している。

「また日本に来ることができて大変嬉しく思います。2010年に初めて日本に来ましたが、私の家族も日本が大好きですし、とても喜んでいます。これから新しいチャレンジができるチャンスを与えてくれた、エスパルス関係者の皆さんには感謝の気持ちしかありません。エスパルスの目標達成のために頑張っていきたいと思います。また、サポーターの皆さんに喜んでもらえるプレーをしたいと思いますので、後押しをお願いします!」

 ドウグラスは1987年生まれの現在30歳。2010年に来日し、徳島ヴォルティスへ加入した。2014年は京都サンガF.C.へ期限付き移籍。翌2015年に期限付き移籍でサンフレッチェ広島に加入すると、J1リーグ戦33試合出場21ゴールをマークし、ベストイレブンに選ばれた。しかし、移籍金の交渉が難航し、2016年1月に広島を退団。アル・アイン(UAE)に完全移籍していた。通算ではJ1リーグ戦46試合出場21ゴール、J2リーグ戦96試合出場25ゴールを記録している。

 ドウグラスを加えた清水は、18日にJ1第16節でセレッソ大阪をホームに迎える。

清水が元広島FWドウグラスを獲得した [写真]=Getty Images