人気アイドルグループ・乃木坂46メンバーがカメラマンとなったオフショット写真集『乃木撮<のぎさつ>VOL.01』(講談社)が、3度目の重版で2万部の増刷が決定し、累計発行部数が30万部を突破したことがわかった。

【誌面カット多数】白石麻衣のチュー顔など素顔満載『乃木撮 VOL.01』

 『乃木撮』は乃木坂46史上最多初版部数となる20万部でスタート。予約段階から注目を集め発売前から2度の重版を繰り返し、発売日の6月26日時点で28万部まで発行部数を伸ばしていた。発売直後から大ヒットとなり、週間売上は18.2万部を記録し、7/9付オリコンBOOKランキングの1位を獲得。同ランキング「写真集ジャンル」の初週売上記録で歴代最高を更新する快挙を成し遂げた。

 勢いに乗って、発行部数も30万部の大台を突破。ヒット連発中の乃木坂46写真集の中でも、30万部を突破した作品は白石麻衣写真集『パスポート』のみ。しかも、白石の写真集が1年以上かけて到達した記録を『乃木撮』は約2週間で達成した。同社販売担当者は「爆発的な勢いで売れており、緊急重版を決定しました! 発売2週間で30万部突破は、出版業界の常識を覆す歴史的偉業です」と対応に追われている。

 本作は252ページの大ボリュームに、アイドル界ビジュアルNo.1グループと称される乃木坂46の“日本一かわいい楽屋”が凝縮。口コミで評判が広がっており、誌面を見た白石も「すごいボリュームにびっくり! 乃木坂46の1年半にわたるオフショットがつまった読み応えたっぷりの1冊になっています」とアピールしている。
乃木坂46オフショット写真集『乃木撮』が発行部数30万部を突破(左から与田祐希、松村沙友理、秋元真夏、白石麻衣、大園桃子)